広瀬すず『一度死んでみた』本予告&ポスター解禁 音楽はヒャダインが担当

広瀬すず『一度死んでみた』本予告&ポスター解禁 音楽はヒャダインが担当

映画『一度死んでみた』ポスタービジュアル(C)2020 松竹 フジテレビジョン

女優の広瀬すずが初めてコメディに挑戦し、俳優の堤真一、吉沢亮と共演する映画『一度死んでみた』より、本予告とポスタービジュアルが解禁。併せて、音楽をヒャダインが担当することも発表された。

 本作は、仮死状態となった父・計(堤)を陰謀から守るため、父親が大嫌いな女子大生の七瀬(広瀬)が立ち上がる、笑いと感動のハートフルS・F(死んだ・ふり)コメディ。

 売れないデスメタルバンドでボーカルをしている七瀬(広瀬)は、ライブで「一度死んでくれ!」と父・計(堤)への不満をシャウトする日々。そんなある日、計が本当に死んでしまったとの知らせが入る。実は計が経営する製薬会社で偶然発明された「2日だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態にあるのだった。ところが、ライバル会社の陰謀で、計は本当に火葬されてしまいそうに。大嫌いだったはずの父の絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、計の部下・松岡(吉沢)とともに、父を救うため立ち上がる。火葬までのタイムリミットは2日間。はたして七瀬は無事、計を生き返らせることができるのか!?

 本予告は、七瀬(広瀬)が、「野畑七瀬、慶明大学薬学部3年デス! 嫌いなものは野畑計、私の父デス!」と癖のあるデス口調で話す象徴的なシーンからスタート。次いで、父・計(堤)に「臭い〜!」と嫌悪の顔で消臭スプレーを思い切り吹きかけたり、ライブシーンで毛先をピンクに染め上げ、デスメタル調のロックな衣装を着て「死んでくれ〜!」と父への不満をシャウトする姿など、七瀬の強烈なキャラクターが炸裂する姿が映し出される。

 映像の後半では、七瀬と計の部下・松岡(吉沢)が結託して計のピンチを救おうと奮闘する姿もコミカルに描かれるほか、普段は存在感が無さすぎて“ゴースト”と呼ばれている松岡が、酔っ払ってビールを片手に激変する衝撃的なシーンも。また、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、妻夫木聡、佐藤健、古田新太、竹中直人など豪華俳優陣が次から次へと登場する姿も見ることができる。

 ポスタービジュアルは、雲の上で幽霊になった堤と、困り顔の吉沢につかみかかりながら前に乗り出す広瀬の周りを、十人十色の表情を魅せるキャストが集結したもの。総勢26名の豪華キャストが織りなすコメディ劇に期待が高まるビジュアルとなっている。

 今作の音楽を手掛けるヒャダインは「今回超豪華キャストでしかも底抜けに楽しい映画の劇伴を担当、ということでめちゃくちゃ嬉しかったデス! そして何より広瀬すずさんの歌唱! さいっこうデス!! 魂の叫びデス! 僕はもう何回もこの映画を観ましたが何回も笑います! みなさんの演技が自由すぎて令和って感じデス!!! 観劇後、みなさんもデスデス言うこと間違いなしデス!! ぜひ観て欲しい・・・・デス!!!」とハイテンションなコメントを寄せている。

 映画『一度死んでみた』は2020年3月20日より全国公開。

関連記事(外部サイト)