神木隆之介&浜辺美波、中村倫也の珍発言をぶっちゃけ「久しぶりに攻撃できてよかった」

神木隆之介&浜辺美波、中村倫也の珍発言をぶっちゃけ「久しぶりに攻撃できてよかった」

映画『屍人荘の殺人』謎解きイベントにて クランクイン!

俳優の神木隆之介、浜辺美波、中村倫也が9日、都内で開催された映画『屍人荘の殺人』ミステリー愛好会限定謎解きイベントに出席。謎解きクリエイター・松丸亮吾が出す問題に四苦八苦した3人だが、3問中、神木が2問、浜辺が1問正解となった。珍回答を出し、結果正解0となった中村が、「全然面白くないよ! 何でよ!!」とわめく中、優勝した神木は「うれしいっす!」と特大スマイルを見せていた。

 『屍人荘の殺人』は、国内主要ミステリー賞を総なめにした今村昌弘の話題作を実写映画化。神紅大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲(神木)と明智恭介(中村)は学内の事件を推理する、自称ホームズとワトソン。ある日、謎の美人女子大生探偵・剣崎比留子(浜辺)が現れ、ロックフェス研究会の合宿への参加を持ちかけ、3人は異常事態に巻き込まれていく。

 謎解きにかけて「互いに解けない謎はあるか?」というトークを繰り広げた3人。神木が中村について、「日常生活もミステリアス。突発的に思ってもない、予想していないことを言ったりする」と言えば、浜辺も「うん」と同意した。

 浜辺は、山でのロケにて、中村から「サルっていると思う?」と突然話しかけられたことに驚いたと例を挙げて話す。神木も「サルって…、そこにたどり着くまでが、僕らの中では意外!」と言い、浜辺も「飛んでますね〜。何て答えたら正解だろうなって思いました」と中村の不思議ワールドを暴露。しかしながら、本人は「山を見たらサルはいるのかなってなりますよね」と涼しい顔。

 そして、普段から中村にやりこめられているらしい浜辺が、「久しぶりに攻撃できてよかったです(笑)」と笑みを見せると、中村は「こんな年下ふたりから言われるとは思っていなかった」と苦笑。しかし、態勢を変えて中村は、浜辺の冒頭のあいさつをいじり出し、浜辺は「いいじゃないですか、スルーしましょうよ〜〜」と、タジタジに。観客に必死に救いを求める浜辺を見て、中村は「かわいいっていいね!」と愛情たっぷりに目じりを下げていた。

 映画『屍人荘の殺人』は12月13日より全国ロードショー。

関連記事(外部サイト)