吉沢亮『半沢直樹・エピソードゼロ』、井上芳雄&北村匠海&緒形直人ら出演決定

吉沢亮『半沢直樹・エピソードゼロ』、井上芳雄&北村匠海&緒形直人ら出演決定

ドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ〜狙われた半沢直樹のパスワード〜』発表された主要キャスト陣(左から)井上芳雄、尾上松也、緒形直人、吉沢悠、北村匠海(C)TBS

俳優の堺雅人が主演を務め、2020年4月からスタートするドラマ『半沢直樹(仮)』に先駆けて放送される吉沢亮主演のスペシャルドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ 〜狙われた半沢直樹のパスワード〜』(TBS系/2020年1月3日23時15分)の追加キャストとして、俳優の吉沢悠、北村匠海、緒形直人、ミュージカル俳優の井上芳雄、歌舞伎俳優の尾上松也の出演が発表された。

 『エピソードゼロ』は、半沢の出向先である東京セントラル証券と大きく関わる新興IT企業「スパイラル」を中心に展開。主演の吉沢亮は、東京セントラル証券のトレーディングシステムをリニューアルするためのコンペに参加した企業の1つである「スパイラル」の敏腕プログラマー・高坂圭役を演じる。

 吉沢悠が演じるのは、「スパイラル」開発部のリーダー格である若本健人。井上は「スパイラル」の専務・加納一成役。北村は、高坂と過去に因縁のある謎の人物・黒木亮介役。松也は「スパイラル」の社長・瀬名洋介役。緒形は「東京セントラル証券」情報システム部の主任・城崎勝也役を演じる。

 加納と瀬名は、4月に放送を控えた続編の原作にも登場する人物。シリーズの展開においても重要な鍵を握る人物となる。

 吉沢悠は「僕がこの作品にとても感動しているのは、撮影現場の空気自体がドラマの空気感同様、緊張感と高い熱量に包まれていることです」、井上は「普段は舞台が多く、ドラマ出演が多い訳ではない中で、本当にありがたい機会だと思っています」、松也は「本編にも負けない作品にできますよう、全力でつとめます!」とそれぞれコメントしている。

 ほかに元「劇団四季」の栗原英雄や、玉置玲央、磯崎義知、吹越ともみら個性派俳優の出演も発表された。

 スペシャルドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ 〜狙われた半沢直樹のパスワード〜』は、TBS系にて2020年1月3日23時15分放送。

関連記事(外部サイト)