藤原竜也&竹内涼真の心臓に爆弾が!『太陽は動かない』超特報&ビジュアル解禁

藤原竜也&竹内涼真の心臓に爆弾が!『太陽は動かない』超特報&ビジュアル解禁

映画&連続ドラマ『太陽は動かない』藤原竜也ティザービジュアル(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会

俳優の藤原竜也が主演を務め、竹内涼真と初共演するスパイアクション映画『太陽は動かない』より、緊迫感あふれる超特報とビジュアルが解禁された。

 本作は作家・吉田修一が手がけた通称“鷹野一彦シリーズ”を映像化するスパイアクションエンターテインメント。2020年5月15日公開予定の映画は、同シリーズの『太陽は動かない』『森は知っている』を下敷きにしたストーリーとなり、同年5月にWOWOWで放送される連続ドラマは、吉田監修のもとオリジナルストーリーが構築される。メガホンをとるのは、『海猿』シリーズや『MOZU』シリーズの羽住英一郎監督。

 心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織のエージェント・鷹野一彦(藤原)と相棒の田岡亮一(竹内)。24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら、「新時代エネルギー」の極秘情報をめぐり、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦が始まる。誰が敵か味方か分からない極限状況の中、2人の心臓爆破のリミットは迫っていた―。

 今回解禁されたのは、藤原演じる鷹野と竹内演じる田岡の2人それぞれを、緊迫感あふれる映像で捉えた2本の超特報。

 藤原が登場する超特報は、暗闇の中、赤い光が点滅するところからスタート。やがて椅子に縛られた鷹野が浮かび上がり、点滅していたのは鷹野の心臓であることが分かる。その姿に、「殺し合いに参加させられる中学生」「死神ノートを操る新世界の神」「全人生を賭けるギャンブラー」「包帯だらけの最強剣士」「22年前の連続殺人犯」「元殺し屋の天才シェフ」とこれまで藤原が演じてきたキャラクターが年号とともに映し出され、最後は「2020.5心臓に爆弾を埋め込まれる」という文字と前を見据える藤原に続き、「藤原竜也、今度は何だ?!」というキャッチコピーで締めくくられる。

 竹内が登場する超特報も、暗闇の中、赤い光が点滅するところからスタート。やがて上半身裸の竹内が腕を縛られた状態で横たわり、心臓が赤く点滅する中苦しそうにもがく姿が浮かび上がる。その姿に「車に乗る変身ヒーロー」「下町にある製作所の技術者」「甲子園を夢見るキャッチャー」「過保護な娘と恋する大学生」「心熱き長距離ランナー」「冷徹でヒネクレ者なセンセイ」とこれまで竹内が演じてきたキャラクターが年号ととともに映し出され、最後は「2020.5心臓に爆弾を埋め込まれる」という文字と前を見据える竹内に続き、「竹内涼真、いったいどうした?!」というキャッチコピーで幕を閉じる。

 超特報と併せて解禁された2点のビジュアルも、藤原と竹内をそれぞれ写したもの。心臓の爆弾が今にも爆発しそうなほど赤い光を放つ姿に、超特報でも登場したキャッチコピー「藤原竜也、今度は何だ?!」「竹内涼真、いったいどうした?!」が添えられており、2人を待ち受ける壮絶な運命や、命がけの頭脳戦を予感させる緊迫感あふれるデザインとなっている。

 『太陽は動かない』は、2020年5月15日に映画公開、同年5月にWOWOWプライムにてドラマ放送。

関連記事(外部サイト)