ジャッキー・チェン最新作、吹き替え版声優に石丸博也&早見沙織&水樹奈々ら豪華集結

ジャッキー・チェン最新作、吹き替え版声優に石丸博也&早見沙織&水樹奈々ら豪華集結

映画『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』本ポスタービジュアル(C)2019 iQiyi Pictures (Beijing) Co. Ltd. Beijing Sparkle Roll Media Corporation Golden Shore Films & Television Studio Co., Ltd. All Rights Reserved.

ジャッキー・チェンの主演映画最新作『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』の日本語吹き替え版に、石丸博也や早見沙織、水樹奈々ら、豪華声優陣が集結することが発表された。

 本作は、中国・清代の怪異短編集『聊斎志異(りょうさいしい)』の作者・蒲松齢(ホ・ショウレイ)をモデルに、ジャッキー主演で製作された娯楽作品。エキサイティングなアクションや歌声を惜しみなく披露する文豪妖怪ハンターのジャッキーが、妖怪たちとの熱闘を繰り広げる。

 妖怪の世界から人間を守っていたバリアーが壊れ、多くの妖怪が押し寄せてくる。彼らを捕らえるため、学者を装った妖怪ハンターのプウ(ジャッキー)が人間界に送り込まれる。プウは、「陰陽の筆」の力を使い、邪悪な妖怪たちを地獄に封印するミッションを遂行。しかしあるとき、村の少女たちが美しい2人の女妖怪によって次々と誘拐される事件が発生する。捜査に当たるプウだったが、そこへ正体不明の男チュイシャ(イーサン・ルアン)が現れ、女妖怪の1人、シャオチン(エレイン・チョン)が、かつては人間で、愛する者のために妖怪になったという悲しい過去を語る。難しい選択を迫られるプウ。シャオチンを捕らえるのか、それとも…。

 今回発表されたのは、本作の日本語吹き替えを担当する豪華声優陣。主人公プウ・スンリン役のジャッキーの吹き替えには、40年にわたりジャッキーを担当し続けている石丸が今作でも担当。シャオチン役のエレインを、アニメ『鬼滅の刃』の胡蝶しのぶ役でも知られる早見が、鏡の妖魔役のリン・ポンを、カリスマ声優にしてドームコンサートも敢行する歌姫・水樹が担当する。そのほか、高橋広樹、KENN、鈴木拡樹が出演する。

 石丸は「久しぶりにジャッキーの明るい表情の観られる作品で、演じていて楽しかったです。お正月、是非ご家族でお楽しみください」と、水樹は「ユーモア溢れる表情とキレのあるアクション!ジャッキーの織りなす世界に、今回も釘付けでした!オリジナルはもちろん、吹き替え版でも楽しんでいただけると嬉しいです!」とコメントした。

 映画『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』は2020年1月17日より全国公開。

関連記事(外部サイト)