原田泰造&三宅弘城&磯村勇斗『サ道』SP放送決定 年末に北海道で“ととのう”

原田泰造&三宅弘城&磯村勇斗『サ道』SP放送決定 年末に北海道で“ととのう”

ドラマ『サ道』 2019 年末SP‐北の聖地でととのう‐ メインビジュアル(C)「サ道」SP製作委員会

ネプチューンの原田泰造が主演を務めるスペシャルドラマ『サ道 2019年末SP‐北の聖地でととのう‐』が、テレビ東京系にて12月28日16時に放送されることが決まった。

 7月期に放送された『サ道』は、タナカカツキの『マンガ サ道』(講談社モーニング KC)が原作の、“サウナ好きによるサウナ好きのためのドラマ”。ナカタ(原田)、偶然さん(三宅弘城)、イケメン蒸し男(磯村勇斗)のレギュラーメンバー3人のサウナにまつわる会話をベースに、主人公のナカタが全国各地の施設を訪れ、『サ道』にまい進。サウナーなら誰もが会いたいサウナ界の重鎮も続々登場し、「ドラマを観るだけでととのう」と話題に。日本サウナ大賞、サウナの魂賞、サウナシュランの3冠を受賞した。「ととのう」とは、サウナ室〜水風呂〜休憩(外気浴)を繰り返すことで得られる多幸感、トランス状態を意味する。

 本作でも、原田、三宅、磯村ふんする3人のサウナーが、サウナへの愛をひたすら語り合う。さらに、主人公ナカタ(原田)が北の聖地といわれる北海道・上富良野町「白銀荘」を目指す。真冬の雪景色の中、ナカタはどんなととのいを得るのか…。

 全国各地の有名施設を訪れてきたナカタは、2019年の締めくくりに「北の聖地・白銀荘」を目指し、北海道サウナツアーの旅に出る。北海道のサウナやサウナ飯を堪能し、地元の人たちのサウナ愛に触れながら、ナカタは最終目的地「白銀荘」の前に立っていた…。

 『サ道 2019年末SP‐北の聖地でととのう‐』は、テレビ東京系にて12月28日16時放送。

関連記事(外部サイト)