『同期のサクラ』ゲストに平泉成&夙川アトム “カホコ”ファミリー集結

『同期のサクラ』ゲストに平泉成&夙川アトム “カホコ”ファミリー集結

水曜ドラマ『同期のサクラ』第9話にゲスト出演する「平泉成」場面写真(C)日本テレビ

女優の高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話(12月11日放送)に、高畑が主演したドラマ『過保護のカホコ』から平泉成、夙川アトムがゲスト出演することが発表された。

 過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない主人公・サクラと、彼女を見守る同期入社の仲間たちが駆け抜けた10年間を、1話で1年ずつ描いていく『同期のサクラ』。遊川和彦によるオリジナル脚本で、遊川をはじめ、高畑主演で2017年7月期に放送された『過保護のカホコ』の制作チームが再集結している。

 第9話では、ついに長い眠りから目覚めたサクラ(高畑)が、花村建設を解雇されたものの、再び建設会社で夢を叶えようと頑張る前向きな姿となり、百合(橋本愛)たち同期は、かつてのサクラが復活したと安堵する。しかし嘘をつけないサクラの就活は難航。貯金も底をつき心細さを感じる一方、自分が知らない間に各々の人生の問題にきちんと向き合うようになっていく同期に孤独感が募るサクラは、ふるさとの島へ帰る決心をする…。

 そんな第9話にゲストとして出演するのが平泉と夙川の2人。『過保護のカホコ』では、カホコの父方のおじいちゃんを演じた平泉。本作では、勤めていた花村建設を解雇になったサクラが面接に訪れる小さな建設会社の社長役を演じる。また、『過保護のカホコ』では、カホコの叔母の夫の“厚司おじさん”を演じた夙川は、サクラがアルバイトをするコンビニエンス・ストアの店長として出演する。

 平泉、夙川の出演で、『過保護のカホコ』からは、高畑、西岡徳馬(花村建設の社長)、西尾まり(蓮太郎の母)、久保田紗友(サクラに注意される通行人)、梅沢昌代(じいちゃんの近所に住むおばちゃん)と、計7名が『同期のサクラ』に出演することとなった。

 ドラマ『同期のサクラ』第9話は日本テレビ系にて12月11日22時放送。

関連記事(外部サイト)