【映画ランキング】『アナ雪2』V3! ディズニー&ピクサー作品最速で興収60億円超え

【映画ランキング】『アナ雪2』V3! ディズニー&ピクサー作品最速で興収60億円超え

12月7日〜12月8日全国映画動員ランキング1位:『アナと雪の女王2』(C)2019 Disney.All Rights Reserved.

12月7〜8日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『アナと雪の女王2』が、週末土日動員77万6000人、興収10億3300万円をあげ、公開から3週連続でトップを獲得した。累計では動員466万人、興収60億円を突破し、17日間での60億円超えは、ディズニー&ピクサー作品のなかで最速。記録的なヒットは継続中だ。

 2位は、『ルパン三世』シリーズ初の3DCG作品『ルパン三世 THE FIRST』が、初週土日動員17万7000人、興収2億4500万円を記録し初登場。公開から3日間での累計は動員22万人、興収3億円という数字を残した。

 3位も初登場の『午前0時、キスしに来てよ』が、初週土日動員12万1000人、興収1億4500万円をあげランクイン。GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と橋本環奈をダブル主演に迎えての実写映画化は、若者を中心にSNSでは大きな反響があった。公開から3日間の累計では、動員15万9000人という数字だった。

 4位は公開5週目を迎えた『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』がランクイン。累計では動員81万人を突破し、興収はまもなく10億円に届く勢い。まだまだ「すみっコぐらし」旋風は続きそうだ。

 既存作品では、公開5週目を迎えた6位『ターミネーター:ニュー・フェイト』が累計動員161万人、興収22億円、公開6週目の8位『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が累計動員128万人、興収17憶円を突破している。

 12月7日〜12月8日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:アナと雪の女王2
第2位:ルパン三世 THE FIRST
第3位:午前0時、キスしに来てよ
第4位:映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
第5位:決算!忠臣蔵
第6位:ターミネーター:ニュー・フェイト
第7位:ドクター・スリープ
第8位:IT/イット THE END “それ“が見えたら、終わり。
第9位:冴えない彼女の育てかた Fine
第10位:シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション

関連記事(外部サイト)