Hey! Say! JUMP・山田涼介、芳根京子の演技を「いい意味でバケモノの類」と絶賛

Hey! Say! JUMP・山田涼介、芳根京子の演技を「いい意味でバケモノの類」と絶賛

映画『記憶屋 あなたを忘れない』完成披露メモリアルイベントに登場した山田涼介 クランクイン!

Hey! Say! JUMPの山田涼介が芳根京子と共に10日、都内で開催された映画『記憶屋 あなたを忘れない』完成披露メモリアルイベントに出席。山田が共演した芳根の芝居を絶賛する一幕があった。

 本作は、シリーズ累計50万部を超える織守きょうやの小説『記憶屋』を、映画『ツナグ』の平川雄一朗監督が映像化するヒューマンラブストーリー。年上の恋人・杏子(蓮佛美沙子)に自身の記憶だけをなくされた大学生の遼一(山田)が、人の記憶を消せるという「記憶屋」のことを知り、弁護士の高原(佐々木蔵之介)に相談して杏子の記憶喪失の原因を探り始める姿を描く。イベントには、佐々木、蓮佛、泉里香、濱田龍臣、平川監督も登壇した。

 今回、一般客に向けての初上映となるが、山田は「うれしい」と安堵した表情を見せ、「感動の物語を皆さんがどう受け取るのかが一番楽しみ」とニッコリ。役作りのために現場で監督とはいろいろ話したそうで、「台本だけ見ると少し難しいお話。これをどうやったら、観客の皆さんに分かりやすく受けとってもらえるかを考えながら演じました」と打ち明けた。

 遼一の幼なじみの真希を演じる芳根は撮影を「監督がすぐOKを出す方ではないので、1シーンを何回もやりました」と振り返り、「妥協せずに何度も挑戦させてもらい感謝しています」としみじみ。山田はそんな芳根の芝居を「すごい。いい意味でバケモノの類」と言い、「本読みの段階から本気。芳根さんの演技に引っ張っていただいたところもあります」と賛辞の言葉を送った。

 山田は昔から佐々木と共演したいと思っていたそうで、「蔵之介さんの出ている映画やそこでの蔵之介さんのお芝居がすごく大好きで」と明かし、「ようやく共演させていただいてうれしかった」と満面の笑みを見せた。
 
 撮影現場でのエピソードを振り返る一幕では、山田が恋人の杏子とのデートシーンをあげ、「バレるし、やばいかなと思ったら全然騒ぎにならなかった。自分まだまだだなと思いました」と苦笑いしながら回顧。それを受けて蓮佛が「その時、山田くんがポロッと『楽しい』って言ってました」と暴露すると、山田は「帽子もマスクもしないで、こういう所歩けるんだと思って」と照れ笑いした表情で打ち明けていた。

 また、本作の主題歌が中島みゆきの「時代」になることも発表に。山田は「内容にすごくリンクしていて、この1曲で温かさや悲しさなどこの映画のよさを出してくれる」と感謝した。

 映画『記憶屋 あなたを忘れない』は2020年1月17日より全国公開。

関連記事(外部サイト)