『スター・ウォーズ』キャストが来日! デイジー・リドリーが日本語で盛り上げ

『スター・ウォーズ』キャストが来日! デイジー・リドリーが日本語で盛り上げ

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』レッドカーペット・イベントにて クランクイン!

女優のデイジー・リドリーが11日、都内で開催された映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のレッドカーペット・イベントに登場。詰めかけたファンとの交流を楽しみ、日本語であいさつするなどしてイベントを盛り上げた。

 本作は、全9本で構成された『スター・ウォーズ』サーガの完結編(エピソード9)。銀河の果てで繰り広げられるスカイウォーカー家を中心とした光と闇のフォースをめぐる最終決戦を描く。

 本イベントにはデイジーのほか、ジョン・ボイエガやオスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ、J・J・エイブラムス監督、プロデューサーのキャスリーン・ケネディ氏が出席。また本シリーズに登場する主要キャラクター(マスクを装着したカイロ・レン、ストームトルーパー、BB‐8、C‐3PO、R2‐D2)がイベントを彩った。

 レイ役のデイジーは開口一番、日本語で「日本に来られてうれしいです!」とあいさつ。ファンから熱烈な声援を受けた。

 フィンを熱演したボイエガは「本当にありがとうございます!」と感謝を述べ、「日本の皆さんが世界でも最高のファンの方々です」と白い歯をこぼした。

 7作目の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)でも指揮をとったJ・J監督は「ありがとうございます」と日本語であいさつ。「今回ここに並んでいる人たちがすばらしい仕事をしてくれた。早くみんなに見てほしい」とファンにアピール。本作について「ぜひ皆さんに感動を与えたいと思う。とても楽しいものになっている」と手応えを口にした。

 終盤には、カウントダウンを展開。デイジーが日本語で「フォースと共にあらんことを!」と合図し、イベントを盛大に締めくくった。

 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、12月20日より日米同時公開。

関連記事(外部サイト)