“4マリ”美少女・鈴木ゆうか、CMでキュートな妖精に変身「照れました」

“4マリ”美少女・鈴木ゆうか、CMでキュートな妖精に変身「照れました」

タウングループCM完成発表会に登場した鈴木ゆうか クランクイン!

ドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS)に出演して話題のモデル・鈴木ゆうかが12日、都内で行われたタウングループのCM完成発表会に出席。同CMのメインキャラクターに起用された喜びや、撮影で妖精姿になった感想などを語った。

 本CMは、4月に創業40周年を迎えた同グループ初のCM。「想いに触れる」篇と「想いが見える」篇の2篇を展開する。

 鈴木は「タウングループさんの初めての制作だったということで、たくさんの方に届くように一生懸命がんばりました」とあいさつ。「OL姿や妖精姿に注目していただきたいのと、(CMの展開が)物語のようになっているのでそこも楽しんでほしい」と同CMの見どころをアピール。

 妖精に扮した撮影を振り返って「羽がけっこう大きくて、当たらないようにするのが大変でした」と言い、「妖精の姿をするのは初めてだったのでちょっと照れました。皆さんが『似合っているよ』と言ってくれて良かったです」と笑みをこぼした。

 住みたい家を尋ねられると、「犬を飼っているので、愛犬と住みやすいところ」と回答。自身が飼っている2歳の雄のチワマル(犬種:チワワとマルチーズの交配種)「ペロ」について話した。

 イベント中盤には、「non‐no」で鈴木とともに活躍する貴島明日香がシークレットゲストとして登場。花束を渡し、鈴木のCM出演を祝った。

 鈴木の印象について貴島は「とにかく見たとおりかわいくて、スタイル良くて、お人形さんみたい。後輩なので憧れもあるし、尊敬もしています」とニコリ。「撮影の休憩中にすごいゲームをやっている。私もゲーム好きなんですけど、(鈴木が)上手でビックリした」と裏話を明かした。

 また、CMを見て貴島は「かわいい! すごいニヤけちゃいますね。どんな服でも似合いますね。妖精似合うってなかなか…!」とベタ褒め。鈴木は照れ笑いを浮かべていた。

 タウングループの新CM「想いに触れる」篇と「想いが見える」篇は、12月27日より放送スタート。

関連記事(外部サイト)