『スカーレット』松下洸平、“名言連発”に感動の声「涙止まらない」

『スカーレット』松下洸平、“名言連発”に感動の声「涙止まらない」

『スカーレット』第65回より(C)NHK

戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第11週「夢は一緒に」(第65回)が13日に放送され、八郎(松下洸平)が常治(北村一輝)に自身の気持ちをぶつける姿に、ネット上には「涙腺崩壊」「涙止まらん」「めっちゃ泣ける」などの声が集まった。

 八郎と対面した常治は、喜美子(戸田)との結婚に向けた条件を出す。それは八郎が陶芸家になる夢を捨て、丸熊陶業の社員として働き続けること。常治は、自分のように経済的な負担を喜美子にかけてほしくないと訴える。八郎はこの条件を受け入れようとするのだが…。

 側で話を聞いていた喜美子は常治に猛反論。これに怒った常治は話を切り上げてその場を離れようと立ち上がる。しかし納得のいかない喜美子は八郎の夢を共に叶えるため「ウチが支えます!」と立ち上がる。常治は喜美子に対して「一歩も二歩も下がってオマエ付いていけんのか!?」と言い放つ。この言葉に反応した八郎もその場に立ち上がると「一歩も二歩も下がらんでいいんです、並んで歩いていけたら…」と思いを言葉にする。このセリフに対して、ネット上には「八郎ーー!!最&高!!」「ずっっきゅうぅぅん!!!」などのコメントがあふれた。

 八郎とマツ(富田靖子)になだめされ再び腰を下ろす常治。そんな常治に対して八郎は、陶芸家になると作品が高値で取引されることを説明。そして「先ほどの約束、見合わせてください」と断りを入れた八郎は「陶芸展に出品して賞をとります! 陶芸家になります!」と宣言。続けて「一緒に夢を見させてください!」と訴え、喜美子と共に深々と頭を下げる。この八郎の言葉に、ネット上には「男前すぎるやろーー!」「よう言うた!!」といった声が相次ぎ、さらに「涙腺崩壊してます…」「涙止まらん、素敵すぎる」「めっちゃ泣ける回やん…」などの投稿も殺到していた。

関連記事(外部サイト)