綾野剛、『武曲』と『フラ恋』二人の“研さん”対決に期待「ちょっと楽しみ」

綾野剛、『武曲』と『フラ恋』二人の“研さん”対決に期待「ちょっと楽しみ」

綾野剛、『武曲』と『フランケンシュタインの恋』二人の“研さん”対決に期待「ちょっと楽しみ」 クランクイン!

 映画『武曲 MUKOKU』の完成披露舞台挨拶が、15日に都内で実施され、綾野剛、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明、熊切和嘉監督が登壇。物語に絡めて自身のライバルについて聞かれた綾野は、本作と現在放送中の主演ドラマ『フランケンシュタインの恋』で演じている役に言及し、「天使のように優しい研さんが勝つか、地獄のような研さんが勝つか、ちょっと楽しみ」と語った。

 父親との決闘をきっかけに剣道に背を向けた男・矢田部研吾(綾野)と、ラップに夢中ながら類稀な剣の才能を持つ融(村上)が、剣道を通じて繰り広げる死闘を描く本作。当日は物語に絡めて、「自分のライバルは?」という質問が登壇者に投げかけられた。

 「ライバルっているのかな〜?」と悩んだ綾野は「別の作品で研さんという役をやっていまして(笑)、同じ研究の研で、光石研さんの研なんですけど、研さん対決かなって個人的には思ってまして。天使のように優しい研さんが勝つか、地獄のような研さんが勝つか、ちょっと楽しみだなと思ってますね…」と出演中のドラマ『フランケンシュタインの恋』に絡めて答え、会場を沸かせた。

 一方、村上は悩みながらも「両親ですね」と回答。理由については、「両親がこの業界にいるってことも意義付けとしてはあるんですけど、そうじゃなくても、永遠のライバルかなって思います」と説明。これを聞いた綾野は「いや〜ちょっともう俺、恥ずかしいな…」と自分の答えに悔いているようだった。

 劇中で肉体美を披露していることについて聞かれた綾野は、アルコール抜きで肉体改造を行ったことを述懐。「アルコールを摂取してしまうと、すぐに筋肉の分解が始まってしまうので、アルコールを一切摂取せずにやっていたのですが、そのフラストレーションみたいなものが、『きっちりこの作品の中で皆さんに伝わるように』という思いで現場に臨めたことを、良く覚えています」とも明かし、会場を爆笑させていた。

 映画『武曲 MUKOKU』は6月3日より全国公開。

関連記事(外部サイト)