『ターミネーター2』、“3D”上映決定! 今夏全世界最速公開

『ターミネーター2』、“3D”上映決定! 今夏全世界最速公開

映画『ターミネーター2 3D』ポスタービジュアル

 ジェームズ・キャメロン監督の代表作『ターミネーター2』が、最先端3D化技術を施し『ターミネーター2 3D』 として8月11日より全国公開されることが決定。合わせてポスタービジュアルも公開された。

 サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)とターミネーターの死闘から10年が経ち、1997年8月29日に起こり得た30億人の人命が失われるスカイネットと人類間の核戦争(審判の日)を追憶にするサラは、精神病患者として警察病院へ収監され、カイル・リースとの間に生まれた息子のジョン(エドワード・ファーロング)は養父母の下に引き取られていた。

 ある日、時空を超えて再び2体のターミネーターが送り込まれる。1体は旧式のT‐800型(アーノルド・シュワルツェネッガー)、もう1体は変形自在の体を持つ最新モデルT‐1000型(ロバート・パトリック)。2体はそれぞれ共通の目標であるジョンをほぼ同時に発見、襲いかかるT‐1000からジョンを救ったのは、かつてサラを襲ったT‐800だった…。

 日本公開は、本国アメリカや他国の公開に先駆け、全世界最速公開となる同作。このプロジェクトはキャメロン監督が設立した映画製作会社ライトストーム(LEI)、DMGエンターテインメント、スタジオカナルによってスタート。『タイタニック』の3D化も担当したライトストームのチームが、高度な技術によって現在の3D作品と劣らない高画質を実現した。このチームは『アバタ―』の続編にも携わっているとのこと。

 キャメロン監督は「『タイタニック』3D化プロジェクトの時から、次に3D化すべき作品は『ターミネーター2』だと思っていた。四半世紀も前の映画だが、人々の記憶に残るとても象徴的な作品だと思ったからだ」と今回プロジェクトの発端となった思いを明かす。

 また「手法の面から見て、カメラの動き方、ショットの構成の仕方などを考えても『ターミネーター2』の映像なら3Dにうまく変換できると思った。それに初公開から25年後に劇場のスクリーンで観るのも、おもしろいと思ったんだ」と今回の3D化への狙いも語っている。

関連記事(外部サイト)