高良健吾、初音映莉子を後ろから抱きしめ…『月と雷』大人の色香漂うポスター解禁

高良健吾、初音映莉子を後ろから抱きしめ…『月と雷』大人の色香漂うポスター解禁

高良健吾&初音映莉子、『月と雷』大人の色香漂うポスター解禁(C)角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

 10月7日より全国順次公開を迎える映画『月と雷』から、ポスタービジュアルが解禁となった。大人の色香が漂うビジュアルには、不思議な空気が漂う中で、高良健吾が初音映莉子を後ろから抱きしめる姿が収められている。

 “家族愛”を知らない主人公・泰子(初音)と、かつて父が愛人として連れてきた女・直子(草刈民代)の連れ子・智(高良)が織りなす大人の愛を描く本作は、人と出会うこと、そして人を受け入れることで、人生が予想もしない方向に転がっていく様を映し出しながら、「親と子」「家族」「生活」の意味を根源から問いかける。

 直木賞作家・角田光代の同名小説を基にする本作のメガホンを取ったのは、『海を感じる時』などで知られる安藤尋監督だ。脚本は、『人のセックスを笑うな』などの脚本家として知られる本調有香が担当。本調は、安藤監督とは『blue』以来のタッグとなる。

 解禁されたポスタービジュアルは、智が泰子を後ろから抱きしめる姿を収めたもの。“普通”の家族を知らぬまま大人になった二人が、“普通”とは違った関係を通して、どこに向かっていくのかが気になるデザインに仕上がった。また、鞄を持って佇む直子が投げかける視線も印象的だ。

 映画『月と雷』は10月7日より全国順次公開。

関連記事(外部サイト)