嵐・二宮和也、結婚発表後初の公の場「より一層前を向いて」

嵐・二宮和也、結婚発表後初の公の場「より一層前を向いて」

「2020年用年賀状 受付開始セレモニー」に登場した嵐・櫻井翔&二宮和也 クランクイン!

嵐の櫻井翔と二宮和也が16日、都内で行われた「2020年用年賀状 受付開始セレモニー」に出席。結婚発表後初の公の場となった二宮が、自身の結婚について言及した。

 嵐は、年賀状コミュニケーションパートナーとして5年目を迎える。この日は、ゲストとして登場した櫻井と二宮が2020年用年賀状のキャッチフレーズである「一言が、愛になる。」をテーマにトークを展開したほか、ステージ上の特製ポストへ、令和初となる年賀状を投函した。

 櫻井と二宮は、年賀状に載せたメッセージを嵐のメンバーに向けて披露。櫻井は「この4人でないと見られない景色がある。何度目かわからないありがとうを。これからも何度も言えますように。」との言葉を伝え、「何回『ありがとう』言ったんだろうな、これからもたくさん言えるといいな」と笑みを浮かべた。

 二宮は「20年の感謝と共に、21年目も歩いて行こう!」とシンプルなメッセージ。「20年同じ時間を共有して、その後もちゃんと一緒に行こうという思いですね」と説明すると、櫻井は「要するに言ってること一緒。振り返って、これからを考えると同じことになるんですよね」とうなずいた。

 イベント後、報道陣から二宮へと結婚に関する質問が飛ぶと、二宮は丁寧に対応。「こういう報告ってどうしても突然になってしまうから、こういう決断をすることで色々と余波もあるだろうし、迷惑をかけてしまったことは申し訳なく思っています」としたうえで、「これからも活動を続けていくわけで、そこは変わらず頑張っていこうという思いもあります」と胸の内を明かす。

 結婚については、嵐の20周年を節目と捉えていたそう。「そこまではファンの方たちと一緒にという思いもあったし、結婚したからと言ってそれがなくなるわけでもないし。より一層前を向いて頑張っていかないといけない」と語り、SNSで話題となったハッシュタグ「#二宮和也死ぬ気で幸せになれ」については「そんなこと言ってもらえてありがたいですね。本当に」と笑顔で頭を下げた。

関連記事(外部サイト)