萩原利久主演ドラマ『大江戸スチームパンク』、六角精児、袴田吉彦ら出演決定

萩原利久主演ドラマ『大江戸スチームパンク』、六角精児、袴田吉彦ら出演決定

ドラマ『大江戸スチームパンク』ポスタービジュアル(C)カルチュア・エンタテインメント/「大江戸スチームパンク」

俳優の萩原利久が主演を務める、2020年1月スタートのドラマ『大江戸スチームパンク』(テレビ大阪)より、六角精児、袴田吉彦、芦名星、佐野岳、岡本夏美らが出演することが発表され、豪華キャストが揃ったポスタービジュアルも解禁された。

 本作は、江戸と似ているようで違う町“大江戸”を舞台に繰り広げられるSFコメディー時代劇。萩原演じる暑さにだけ強い主人公・佑太が、天才発明家・平賀源内と出会い、ヒーローになる物語だ。

 数百年の昔、はるか彼方の青い星にあったという、大江戸。太平の世、大江戸はさまざまな人々が暮らす、活気あふれる町だった。鍛冶屋で修行中の、暑さにだけ強い青年・佑太は、人の役に立ちたいと思っているが腕っぷしはとことん弱い、ただの町人。

 ある日催された蒸気風呂我慢大会で、佑太は町の発明家、平賀源内と出会う。源内は自らが発明した、着た者の力を数十倍にまで高める「蒸気力甲冑」を佑太に与える。一方、大江戸の町には、天草四郎率いる、秘密結社シマヴァランの魔の手が忍び寄っていた。佑太は蒸気力甲冑を身にまとい、スチームパンクとなって、シマヴァランに立ち向かう。果たして、大江戸の運命は…。

 六角は平賀源内役、袴田は天草四郎役を演じ、そのほか、芦名、佐野、岡本らに加え、中川晴樹、阿見201、山村美智も出演する。

 ポスタービジュアルは、主演の萩原と今回発表された追加キャストが、劇中キャラクターにふんして一同に揃ったもの。彼らの躍動感ある動きと豊かな表情、そして独特なコスチュームが印象的なポスターとなっている。

 ドラマ『大江戸スチームパンク』は、テレビ大阪にて2020年1月18日より毎週土曜25時26分放送。

関連記事(外部サイト)