『シャーロック特別編』放送決定! 木南晴夏出演&各話ゲストもカムバック

『シャーロック特別編』放送決定! 木南晴夏出演&各話ゲストもカムバック

『シャーロック特別編』に出演する木南晴夏(C)フジテレビ

俳優のディーン・フジオカが主演を務める月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系/毎週月曜21時)。本日最終回が放送されたばかりだが、12月23日に『シャーロック特別編』が放送されることが発表された。特別編では、女優の木南晴夏がゲスト出演し、さらにこれまでの各話のゲスト陣から総勢16名が再び登場する。

 本作は、アーサー・コナン・ドイルの傑作古典ミステリー小説『シャーロック・ホームズ』シリーズを原作に、令和の東京を舞台にスリリングかつ痛快なテイストで映像化したミステリーエンターテインメント。

 特別編では、木南演じる怪しきフリージャーナリストの門司かれんが、ある日、若宮(岩田剛典)の前に現れる。若宮は彼女から、獅子雄(ディーン)がこれまで関わった人たちを一緒に取材しないかと言われ、困惑する。果たして、かれんの本当の目的は何なのか? 獅子雄とかれんの関係は? 

 木南のほか、伊藤歩、松本まりか、金子ノブアキ、若村麻由美、小市慢太郎といった、今まで獅子雄に裁かれて獅子雄のことを恨んでいるであろうと思われる犯罪者たちと、獅子雄に助けられ前向きに新たな道を歩んでいる人たちも登場。それぞれがその後、獅子雄に対してどのような思いをもち、どのような生活を送っているのかも描かれる。

 木南は「今まで登場したクセの強い犯人たちと対峙する役なので、演じるのが楽しそうだなと思いました」と語り、犯人たちのその後が見られるのも特別編ならではだと思うので、是非特別編も見て、この『シャーロック』全体を楽しんでいただけたらと思います」とコメントを寄せている。

 ドラマ『シャーロック特別編』は、フジテレビ系にて今夜12月23日21時より放送。

関連記事(外部サイト)