AKB48、乃木坂46、欅坂46、日向坂46、他グループに負けない強みを明かす

AKB48、乃木坂46、欅坂46、日向坂46、他グループに負けない強みを明かす

『第61回輝く!日本レコード大賞』記者会見にて クランクイン!

AKB48、乃木坂46、欅坂46、日向坂46らが16日、TBS本社で開催された『第61回輝く!日本レコード大賞』記者会見に登壇。今回、優秀作品賞10作の中で、秋元康がプロデュースする同4グループが受賞したが、それぞれが他のグループに負けない強みを明かした。

 「サステナブル」で受賞したAKB48・向井地美音は「グループとして11回目の出場で、本当にうれしく思っています」とニッコリ。続いて「Sing Out!」で3度目の大賞を狙う乃木坂46・齋藤飛鳥は「いろんな方に良さが伝わるようにすごく頑張った曲なので、うれしい」とあいさつした。

 また、2019年にデビューし「ドレミソラシド」で快挙をつかんだ日向坂46・佐々木久美は「夢にも思ってなかった。光栄です」と感謝し、「黒い羊」で受賞した欅坂46・菅井友香は楽曲について「世代を問わずたくさんの人に響く楽曲。私たちにとっても大切な1曲」と思いを明かした。

 会見では、それぞれが他のグループに負けない強みを明かす一幕も。向井地から「最年長のゆきりんさん(柏木由紀)は30歳まで頑張ってくれると言ってる」と鼓舞された柏木は「うちは歴が長いです」と答えて会場の笑いを誘い、「AKBらしく元気にパフォーマンスしたい。全グループが一緒にステージに立つことはなかなかないのでありがたいですし、切磋琢磨(せっさたくま)して高め合いたい」と宣言。

 乃木坂46・松村沙友里は「私はゆきりんさんと1歳しか変わらなくて、同年代。元気さでは負けると思うので」と明かすも、「今回の楽曲を歌ってるときは、メンバー同士の心が通じ合っているなと感じます。メンバー同士のグループ愛や心の共鳴は負けない」と胸を張った。

 一方、菅井は欅坂46の強みを「楽曲の強さ、メッセージ性はすごくあると思っているので、私たちはそれを精いっぱいお伝えしたい」と力強くコメント。佐々木は日向坂46について「去年まではテレビで見ていたので、この場で立てることだけでも光栄。先輩たちに早く追いつけるようにと思ってます」としみじみ。続けて、「デビューしたばかりで若いメンバーも多いので、フレッシュさでは負けないように頑張りたい」と意気込むと、最年長の柏木らは苦笑いしていた。

 会見には、市川由紀乃、海蔵亮太、新浜レオン、DA PUMP、BEYOOOOONDS、Foorin、彩青らも出席した。

 『第61回日本レコード大賞』は、TBS系にて12月30日17時30分放送。

『第61回輝く!日本レコード大賞』各賞受賞者

【優秀作品賞】
「ECHO」Little Glee Monster
「片隅」三浦大知
「黒い羊」欅坂46
「サステナブル」AKB48
「純烈のハッピーバースデー」純烈
「Sing Out!」乃木坂46
「大丈夫」氷川きよし
「ドレミソラシド」日向坂46
「P.A.R.T.Y.〜ユニバース・フェスティバル〜」DA PUMP
「パプリカ」Foorin

【新人賞】
海蔵亮太
新浜レオン
BEYOOOOONDS
彩青

【特別賞】
菅田将暉
竹内まりや
米津玄師

【最優秀アルバム賞】
『9999』THE YELLOW MONKEY

【優秀アルバム賞】
『いつか、その日が来る日まで...』矢沢永吉
『瞬間的シックスセンス』あいみょん
『Sympa』King Gnu
『美らさ愛さ』夏川りみ

【最優秀歌唱賞】
市川由紀乃

【作曲賞】
岩崎貴文
「限界突破×サバイバー」氷川きよし

【作詩賞】
石原信一
「最北シネマ」松原健之
「雪恋華」市川由紀乃

【編曲賞】
大橋卓弥/常田真太郎
「青春」スキマスイッチ

【企画賞】
『GUNDAM SONG COVERS』森口博子
「大航海2020 〜恋より好きじゃ、ダメですか?ver.〜」高田夏帆
『微吟』ちあきなおみ
『My Bouquet』伊藤蘭
『Love Covers』ジェジュン
「令和」ゴールデンボンバー

【日本作曲家協会選奨】
丘みどり

【功労賞】
金井克子
園まり
袴田宗孝
ビリー・バンバン

【特別功労賞】
有馬三恵子
内田裕也
千家和也
萩原健一

【特別音楽文化賞】
ジャニー喜多川

関連記事(外部サイト)