吉高由里子『知らなくていいコト』ポスター完成 週刊誌の見出しがストーリーとリンク!?

吉高由里子『知らなくていいコト』ポスター完成 週刊誌の見出しがストーリーとリンク!?

水曜ドラマ『知らなくていいコト』ポスタービジュアル(C)日本テレビ

女優の吉高由里子が主演を務める新ドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系/毎週水曜22時)より、ポスタービジュアルが解禁。吉高が手にする週刊誌「週刊イースト」の表紙に書かれた見出しには、ドラマのストーリーとリンクする“あの事件”についても書かれている。

 本作は、週刊誌編集部を舞台に、現代社会の時事性の高いトピックスを扱いながら、主人公が記者としてだけではなく、人として成長していく姿を1話完結で描く“お仕事系ヒューマンドラマ”。大石静のオリジナル脚本で、吉高が自信家ながらも母譲りの人ウケのよさと人懐っこさで仕事も恋も絶好調の毎日を送る主人公・真壁ケイトを演じ、そのほか、柄本佑、重岡大毅、秋吉久美子、佐々木蔵之介、小林薫らが共演する。

 数々のスクープを世間に送り出す週刊誌「週刊イースト」の記者・真壁ケイト(吉高)。ある日、ケイトをシングルマザーとして育て上げた母が急死。彼女が最期の言葉で告げたのは、今まで一度も話したことのなかったケイトの父の名前だった。なんとそれは、誰もが知るハリウッドスターの名前。信じられないながらも、それらしい証拠も登場し、ケイトは、出生の謎と父の秘密という、人生最大の『知らなくていいコト』にぶち当たる…。

 公開されたポスタービジュアルは、満員電車に乗った吉高演じるケイトが、人差し指を口に当てこちらを見つめるデザイン。そしてその手には、自身が記者を務める週刊誌「週刊イースト」が! 実はその表紙に書かれた見出しには、ドラマのストーリーとリンクするあの事件についても…!?

 解禁されたビジュアルは、人物と電車のドアの写真を合成して制作されたもの。スタジオでは、ドアのガラスサイズのフレームを設置し、その前に吉高と乗客役のエキストラがスタンバイし撮影された。人が密集する中に強い照明が当たっているため、かなりの温度となったが、吉高は常に笑顔を絶やさず撮影。合間には、「暑いから大変ですよね、大丈夫ですか?」と、エキストラを気遣う様子も見られた。

 新水曜ドラマ『知らなくていいコト』は、日本テレビ系にて2020年1月8日より毎週水曜22時放送。

関連記事(外部サイト)