日向坂46メンバー総出演!学園青春ドラマ『DASADA』1月スタート

日向坂46メンバー総出演!学園青春ドラマ『DASADA』1月スタート

ドラマ『DASADA』メインビジュアル(B‐BIG)(C)「DASADA」製作委員会

日向坂46のメンバーが総出演するドラマ『DASADA』が、日本テレビにて2020年1月15日より毎週水曜24時59分に放送されることが決まった。

 本作は少女たちの夢と友情を描く学園青春群像劇。平凡な日々を過ごしていた私立マロニエ女学院の生徒たちだったが、ある日、クラスでも“ダサい”と評判の少女を中心にファッションブランド「DASADA」を立ち上げることになる。同じ目標に向かうことで築かれていく友情、そしてかなえたい夢。だが、夢をかなえるために奮闘する彼女たちの前に、学園生活の中でさまざまな騒動が巻き起こっていく…。

 マロニエ女学院2年生でクラスの中心人物、佐田ゆりあ役を小坂菜緒が演じる。ゆりあはかわいいがどこかダサいせいで周囲から何となく下に見られている一面も。沙織と出会い、ブランド「DASADA」の立ち上げを決意する。

 小坂は役どころについて、「“佐田ゆりあ”は私の性格とは全く違う逆のキャラクターです。すごく明るくていつもテンション100%って感じです。なので初めはどうしたらいいかわからなかったのですが、メンバーの丹生明里をみていると、似てるかも!!と思ったので、丹生をイメージしていました。あとは、普段の生活でいつもよりテンションをあげたりしてました。少しだけ笑」と話している。

 一方、クラスの空気的存在でコミュニケーション能力が低い2年生・篠原沙織役は渡邉美穂。渡邉は「“篠原沙織”の役はいつもの自分からあまりイメージできない役柄だったので最初は難しかったです。撮影期間中は言葉使いを役柄に近づけて生活したり、頭に沙織を住まわせていました」としている。

 3年生のバレーボール部部長・小笠原真琴役には齊藤京子。「役がもう自分にピッタリすぎるキャラクターで自分でもはまり役と思えるほど素で取り組めてすごく楽しく、演じやすかったです!真琴先輩は廊下を絶対に走らなくて、どんなに焦っていても早歩きかつ笛を吹いています。本当に熱血で真面目な性格です」と役どころを説明する。

 このほか、3年生で読者モデルとして活動する高頭せれな役に加藤史帆、2年生でひたすら進学のため勉強している岡田いちご役に佐々木美玲。2年生でゆりあ、菜々緒の親友・立花ゆりこ役に佐々木久美。2年生でゆりあと立花ちゃんの親友・畑屋菜々緒役に富田鈴花。3年生の荻原みき役に潮紗理菜などが決まった。

 また、2020年2月4日・5日に、神奈川・横浜アリーナにて『DASADA』の世界観が楽しめる、スペシャルライブイベント「日向坂46×DASADA LIVE&FASHION SHOW」が開催されることも発表された。

 ドラマ『DASADA』は、日本テレビにて2020年1月15日より毎週水曜24時59分放送。初回放送終了後、Huluにて配信スタート。

関連記事(外部サイト)