内田理央『来世ではちゃんとします』、塩野瑛久がSM好き“ハイスペ”イケメンに

内田理央『来世ではちゃんとします』、塩野瑛久がSM好き“ハイスペ”イケメンに

ドラマパラビ『来世ではちゃんとします』でAくん役を演じる塩野瑛久(C)「来世ではちゃんとします」製作委員会

女優・モデルの内田理央が主演を務め、2020年1月スタートのドラマ『来世ではちゃんとします』(テレビ東京ほか)の追加キャストとして、小島藤子、中川知香、ゆうたろう、塩野瑛久の出演が発表された。

 グランドジャンプ(集英社)連載中のいつまちゃんによる同名コミックをドラマ化する本作は、性をこじらせ、生き方をこじらせ、それでも毎日をしぶとく生きていく、イマドキ男女のあらゆる性生活を全肯定する赤裸々ラブエロコメディー。

 都内にある小さな映像プロダクション「スタジオデルタ」。忙しく働く社員たちは、彼氏いない歴=年齢のBL大好き処女・高杉梅(太田莉菜)、女性をもてあそぶ魔性のイケメン・松田健(小関裕太)、過去のトラウマから処女しか愛せなくなったセカンド童貞・林勝(後藤剛範)、風俗嬢にガチ恋し収入のほとんどを貢ぐ男・檜山トヲル(飛永翼)など、全員が性的にこじらせていた。そんな社員の一人、大森桃江(内田)は、5人のセフレと同時進行で付き合っているが、本命に対する自分の恋が決して報われないことは自覚している。

 小島が演じるのは、松田にハマりまんまと依存し病んでしまったセフレ初心者・桜木亜子役。小島は「亜子ちゃんを演じるにあたって、私自身は亜子ちゃんと全然似ていないので、視聴者の皆様に共感してもらえるよう友達と恋バナをして研究しています!」とコメント。

 ゆうたろうは、「ノンケをオトすのが趣味」と豪語する女装男子・栗山凪役で、初女装姿でのドラマ出演となり、「正直、最初は不安とプレッシャーが大きかったです」と語り、凪の気持ちになりきるため女性用下着を買ったことも明かす。

 中川は、檜山がガチ恋している風俗嬢・心ちゃん役。「心は仕事とプライベートの割り切り方がすごいなと思いました。お客さんの前でのプロに徹する姿と、彼女が抱える闇の部分との表裏がはっきりと出るように心がけて演じたいです」と話す。

 塩野は、桃江のセフレでSM好きで、高学歴&高収入のハイスペックなイケメンサラリーマン・Aくん役。「登場人物にいわゆる“まとも”な万人ウケする人はいないのですが、その中でも桃江が好きになるAくんの要素は残しつつ魅力的に創りたいです。振り切りすぎるのは今回僕の役割ではないのかなと思っています」と分析している。

 ドラマパラビ『来世ではちゃんとします』は、テレビ東京、テレビ大阪にて2020年1月8日より毎週水曜25時35分放送。テレビ愛知にて1月12日より毎週日曜26時5分放送。

関連記事(外部サイト)