浜辺美波、岡田健史との雪合戦に警戒「やられちゃうんじゃないかと思って」

浜辺美波、岡田健史との雪合戦に警戒「やられちゃうんじゃないかと思って」

JR SKISKI キャンペーン 記者発表会に登場した岡田健史、浜辺美波 クランクイン!

女優の浜辺美波と俳優の岡田健史が18日、都内で行われた「JR SKISKI キャンペーン」記者発表会に出席。浜辺が、野球経験のある岡田との雪合戦に「やられちゃうんじゃないか」と警戒していたことを明かした。

 「JR SKISKI キャンペーン」は、JR東日本グループがスノーレジャーの振興を図るために開催しているキャンペーン。この日の記者発表会には、同キャンペーンのCMにダブル主演として起用された浜辺と岡田がスキーウェア姿で登場し、トークを展開した。

 同CMへの出演が夢だったという浜辺は「いつかやりたいねってマネージャーさんと言っていて、毎年『ダメだったかー』って話してたんです。誕生日の日に電話で聞いて『本当に夢がかなったんだな』と思って、結構涙がウルッとくるくらい感動しました。本当にうれしかったですね。1番のプレゼントでした」と笑顔でコメント。

 岡田との共演に関しては「CMのさわやかなイメージにピッタリ」と思ったというが、野球部に所属していた岡田との雪合戦に「やられちゃうんじゃないかと思って。剛速球が怖かったです」と警戒していたそう。

 続けてCM撮影での岡田の様子について「本気で、手袋外してやってらっしゃいました」と暴露。岡田は「違います。外していいって言われたんです」と弁解し、「もちろん美波ちゃんには投げてないです」と共演する男性キャストには、本気で雪を投げたことを明かした。

 また2019年の思い出を聞かれた浜辺は「今年は特に1年中、蚊に刺された年で。秋に入ってしばらくまで刺されて。今年刺されないなって年とか、今年はやけに刺されるなって年があると思うんですけど、私は今年は蚊の年でして、蚊に愛された年でした。蚊を許さない年ですね」と報告し笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)