木村拓哉、川口春奈からの質問に苦笑…回答するも「気になってないでしょ!?」

木村拓哉、川口春奈からの質問に苦笑…回答するも「気になってないでしょ!?」

スペシャルドラマ『教場』舞台あいさつにて クランクイン!

俳優の木村拓哉が18日、都内で開催されたフジテレビ開局60周年特別企画『教場』完成披露試写会に登壇。共演した川口春奈に意外な質問をされ、笑いをこらえる一幕があった。

 主演・木村、脚本・『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一、監督・『プライド』の中江功がタッグを組み、長岡弘樹の警察小説『教場』シリーズを初めて映像化した本作は、警察学校が抱えるリアリティーを描くエンターテインメント・ミステリー。

 完成披露試写会には、教官・風間役を演じる木村の他、生徒役を演じた川口、工藤阿須加、葵わかな、井之脇海、西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平が集結した。

 前編の試写後の会見になったが、木村ら登壇キャストも同じタイミングで初めて観たそうで、「ここに登壇するスタンバイの時に、キャストとハイタッチ、中江監督とはおもいっきり握手をさせていただきました」と満足そうな表情で明かし、「この作品に携われたことを光栄に思っています」と感極まっている様子。

 工藤も「真剣にみんなで考えて挑んだ作品。それが届いていたらうれしい」と明かし、川口も「撮影のときのいろんな思いがフラッシュバックして感動しました」としみじみ。葵も「重厚感のある作品。すごく緊張したことを思い出しました」と打ち明けるなど、他の役者陣も手応えを明かしていた。

 木村は今回、役者人生初となる白髪や義眼に挑戦。「原作に描かれている役をイメージしながら脚本を読んで、僕自身は内面を作っただけ。外見はスタッフさんにお任せでした」と打ち明けるも、間近で見ていた川口は「木村さんは義眼をしてなくても、見られるだけで見抜かれてるって思う。義眼をしたことで恐怖が増して、それが緊張感を生んでました」と賛辞の言葉を贈っていた。

 トークでは、生徒たちが木村に聞きたいことをぶつける一幕も。川口が「お休みの日に何をしてますか? コンビニに行きますか?」と質問すると、会場から笑いが起こり、木村も後ろを向きながら笑いをこらえている様子。

 木村が最近、同じことを聞かれたと言い「(コンビニは)行きますよ。休みの日は天気次第。晴れの日は犬の散歩、天気が悪い日も家にずっといる感じではなく、どこかに車で出かけます」と回答すると、川口は「ですって。皆さん絶対気になってると思うので」とニヤリ。木村から「コンビニなんて気になってないでしょ!?」とツッコミを受けるも、「貴重なお話をありがとうございます」と笑顔を見せていた。

 フジテレビ開局60周年特別企画『教場』は、フジテレビ系にて2020年1月4、5日の2夜連続で21時より放送。

関連記事(外部サイト)