シャーリーズ・セロン、殴る蹴る“最強の女スパイ”に『アトミック・ブロンド』公開

シャーリーズ・セロン、殴る蹴る“最強の女スパイ”に『アトミック・ブロンド』公開

映画『アトミック・ブロンド』ティザービジュアル 

 ハリウッドスターのシャーリーズ・セロンが、最強の女スパイを演じる映画『アトミック・ブロンド』が、10月20日より日本公開することが決定。併せて、スタイリッシュなティザ―ビジュアルと、ど迫力のアクションを収めた特報映像が解禁となった。

 MI6の女スパイ:ロレーン・ブロートン(シャーリーズ)による独白と、光速のガンアクションから始まる特報映像。消された諜報員と消えた最高機密のリストの奪還を命じられたロレーンは、世界の運命を握るリストを追ってベルリンを訪れ、世界中のスパイによる争奪戦に加わることとなる。

 クイーンの名曲「キラー・クイーン」に乗せて繰り広げられる格闘シーンでは、ピンヒールを使った攻撃や、敵の首に縄を括って窓から飛び降りるなど、前代未聞のアクションが次々に登場。友人であるキアヌ・リーヴスとトレーニングを重ねたシャーリーズは、激しいアクションに生身で挑んだという。見ごたえ十分の特報とともに、ティザービジュアルも到着。サングラス姿のロレーンが、革のニーハイブーツから伸びたふとももをあらわにしながら、銃を片手にこちらを見つめる姿とともに、「誰も信じるな」という意味深なコピーが添えられた、スタイリッシュなデザインに仕上がっている。

 監督は、『ジョン・ウィック』の共同監督で、世界中で大ヒットを記録した『デッドプール』の続編監督にも決定しているデヴィッド・リーチが担当。共演には、『X‐MEN』シリーズや『ウォンテッド』のジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』のソフィア・ブテラのほか、『キングコング:髑髏島の巨神』のジョン・グッドマン、『キャプテン・アメリカ』シリーズのトビー・ジョーンズなど、実力派も名を連ねた。

 映画『アトミック・ブロンド』は、10月20日より全国公開。

関連記事(外部サイト)