『スター・ウォーズ』カイロ・レンの拠り所…黒ずくめの<レン騎士団>が復活

『スター・ウォーズ』カイロ・レンの拠り所…黒ずくめの<レン騎士団>が復活

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』場面写真(C)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

映画『スター・ウォーズ』シリーズ完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』には、光と闇で揺れ動くカイロ・レンの心の拠り所とされる黒ずくめの6人組<レン騎士団>が、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)以来再び登場する。J・J・エイブラムス監督は、レン騎士団は、『スター・ウォーズ』シリーズが強く影響を受けている黒澤明監督の映画『七人の侍』からインスパイアされていると明かしている。

 レン騎士団は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でわずかに登場していたが、何者なのかが詳しく語られていなかったため、ファンの間で考察合戦が繰り広げられていた。カイロ・レンを演じたアダム・ドライバーは「カイロ・レンにとって最も自分らしくいられる居場所がレン騎士団なんだ。とても居心地が良くて、心を許せる存在だよ」と語っている。

 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)では登場しなかったレン騎士団を完結作で復活させたJ・J監督は、レン騎士団は黒澤明監督の『七人の侍』からインスパイアされていると明かす。続けて「『フォースの覚醒』の時にレン騎士団のアイデアを思いつき少し登場させたが、その時は彼らにまつわる多くのことを描いてはいないんだ。でも彼らの背景や過去、さらなる冒険のアイデアがたくさんあり、再び登場させようと思った。カイロ・レンにとってとても重要な存在ということは間違いない」と語り、完結作でレン騎士団の過去や彼らの正体の秘密などが明かされることを匂わせた。

 レイアとハン・ソロの息子であるカイロ・レンは、『フォースの覚醒』で父ハン・ソロにライトセーバーを振りかざし、『最後のジェダイ』ではレイをダークサイドに誘惑。師と崇めていたスノークをレイと倒し、ファースト・オーダー最高指揮官に上り詰め、いよいよレイと最終決戦を迎えることになる。その一方で祖父ダース・ベイダーを崇拝し、孤独と戦い自分の歩むべき道に迷い、葛藤する姿も描かれてきた。

 アダムは「ハン・ソロとレイアがクールだったことは間違いない。でもレンはルークやレイと違って、自分自身と向き合ったことが一度もないのではないかな。子どもの頃からプレッシャーを感じ、友情を築く方法が分からず、周囲に正しい方向へ導いてくれる人もいない。それでは道を踏み外してもおかしくはない」とカイロ・レンの境遇に理解を示す。果たして、カイロ・レンは完全にダークサイドに堕ちてしまうか。“光と闇の戦い”はどんな結末を迎えるのか、その世紀の瞬間がいよいよ明かされる。

 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、12月20日より日米同時公開。

関連記事(外部サイト)