全編が動く油絵『ゴッホ〜最期の手紙〜』公開決定

全編が動く油絵『ゴッホ〜最期の手紙〜』公開決定

映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』(C)Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.

 本年度のアヌシー国際アニメーション映画祭にてワールドプレミア上映が行われ、見事に観客賞を受賞した映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』が、2017年10月に TOHOシネマズ六本木ほか全国にて順次公開することが決定。併せて、全編が動く油絵で構成されている映像の制作の舞台裏が明らかになった。

 本作は、その人生が残された手紙によって明らかにされている、印象派の巨匠ゴッホの死の謎に迫るアートサスペンス映画。注目は、全編が動く油絵で構成されている映像だ。ゴッホの絵画をモチーフに、まず俳優による実写映像が撮影された後、世界各国から集められた総勢125名の絵描きによって、この映像が約6万5000枚の油絵に生まれ変わった。「われわれは自分たちの絵に語らせることしかできないのだ」というゴッホの言葉通り、彼の絵画によって彼自身を語らせる、世界初の試みとなったのだ。

 俳優たちは、ゴッホの絵画に似せて特別に作られたセットで、あるいは撮影後にCGアニメーションでゴッホの絵と合成するため、グリーンバックで演技を行ったという。ダグラス・ブース(『ジュピター』『ノア 約束の舟』)、ヘレン・マックロリー(『ハリー・ポッターと死の秘宝』 『ヒューゴの不思議な発明』)、シアーシャ・ローナン(『つぐない』『ラブリーボーン』『ブルックリン』)、エイダン・ターナー(『ホビット』シリーズ)などの実力派俳優陣は、その姿と演技によって、ゴッホの名画に新たな命を吹き込んでみせた。

 絵描きたちが作業に使用したのは、PAWS(ペインティング・アニメーション・ワー ク・ステーションズ)。実写撮影したフィルムを参考フィルムとして投影し、それをベースに油絵を描くための設備だ。製作のブレイクスルー・フィルムズが、本プロジェクトの為に2年の歳月をかけて設計し、2カ国3カ所のスタジオ内の97台で作業が行われた。そこで完成した無数の油絵は、デジタルスチルカメラCanon 6Dを使った6Kの高解像度写真として記録。この手間暇かかる作業を経て完成した本編の1秒は、12枚の油絵で構成されているとのこと。

 映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』は、2017年10月TOHOシネマズ六本木ほか全国順次ロードショー。

関連記事(外部サイト)