『孤狼の血』、役所広司&松坂桃李ら強い手応え「これはいい映画になるぞ」

『孤狼の血』、役所広司&松坂桃李ら強い手応え「これはいい映画になるぞ」

松坂桃李、映画『孤狼の血』現場風景 クランクイン!

 映画『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で知られる白石和彌が監督を務める映画『孤狼の血』。本作の撮影取材会が5月某日に広島県内で行われ、役所広司と松坂桃李、そして江口洋介がインタビューに応じた。役所は「俳優・スタッフ全員が『これはいい映画になるぞ』という手応えを強く感じられた現場だったんじゃないでしょうか」と手応えを感じているようだ。

 第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子の同名小説を基にする本作。劇中では、暴力団対策法成立以前の広島を舞台に、ヤクザと癒着しているとされるベテラン刑事・大上(役所)と、新人の日岡(松坂)が、ヤクザの抗争に巻き込まれていく姿が描かれる。大上役の役所は、「楽しかったですね。白石監督も終盤に差し掛かるにつれて(撮影が)粘り強くなってきて、現場が深夜までかかる日も増えましたけど、ずっといい雰囲気だったし、俳優・スタッフ全員が『これはいい映画になるぞ』という手応えを強く感じられた現場だったんじゃないでしょうか」と満足げに撮影を振り返る。

 役所をはじめとするベテランがひしめく現場で、みずみずしい演技を見せた松坂は、「とにかく楽しかったです」とニッコリ。「これまでなかなか体験することのなかった“攻めた現場”でした。その日の現場がどういう感じで進むのか、想像のつかない日々でした」と印象を語り、公開を控える『彼女がその名を知らない鳥たち』でも仕事を共にした白石監督については、「2作目となりましたが、今回は前作よりもかなりがっつりご一緒することができ、いやー“やっぱり変態だなあ”と思いました(笑)。でもそんな白石監督の“攻める”感じが僕は大好きなので、非常に充実した撮影となりました」と絶賛する。

 「完成が楽しみな現場となりました。シーン全てが刺激的で“台本を超えているな”という手応えを感じていましたし、全てのシーンが繋がったら、『仁義なき戦い』とはまた違った魅力を持ついい作品になると思います」と話すのは、大上と親しい尾谷組の若頭・一之瀬を演じた江口だ。「混乱した時代の中で、自分の精神を貫き通す男たちの生き様がどう届くのか、今から興味深く思います」と公開に向けて期待を込めるその表情からは、作品に対する確かな自信が伺えた。

 当日に撮影されていたのは、真木よう子ふんする高木里佳子が経営するクラブ「リコ」でのシーン。大上は日岡の歓迎会をするため、一之瀬と共に女性に囲まれながら酒を楽しんでいたが、そこに尾谷組と敵対する五十子会組長・五十子正平(石橋蓮司)らが現れ、クラブは一触即発の事態に…。石橋らとドスの効いた広島弁をぶつけ合った江口は、「ここから戦いが始まるかのような、少しでも引いたら負けという緊迫感がありました。それぞれの組織が対立する縮図のようなシーンでした」と撮影を述懐する。果たして、大上と日岡はどんな戦いに巻き込まれていくのだろうか? 公開に向けて、期待は高まるばかりだ。(取材・文:岸豊)

 映画『孤狼の血』は2018年春公開。

関連記事(外部サイト)