『HAWAII FIVE‐0』、チン役俳優とコノ役女優がシーズン7で降板

『HAWAII FIVE‐0』、チン役俳優とコノ役女優がシーズン7で降板

『HAWAII FIVE-0』からチン役ダニエル・デイ・キムとコノ役グレイス・パークが降板(c)AFLO

 アメリカの往年の人気ドラマ『ハワイ5-0』を現代風にリメイクした米CBS局の人気海外ドラマ『HAWAII FIVE‐0』。昨年11月に検視官マックス・バーグマンを演じる俳優マシ・オカが、シーズン7をもって降板することを発表したが、FIVE‐0のメンバーであるチン・ホー・ケリー役の俳優ダニエル・デイ・キムとコノ・カラカウア役の女優グレイス・パークもシーズン7で降板することが明らかになった。

 ハワイを舞台に、元海軍将校のスティーヴ・マクギャレット(アレックス・オローリン)率いる特別捜査班の活躍を描く『HAWAII FIVE‐0』。ダニエルもグレイスもシーズン1からレギュラー出演するシリーズの要だった。シーズン7の全米放送は既に終了しており、Varietyによると、現地時間9月29日に予定されているシーズン8の初回放送で、チンとコノがどのようにチームを去るのかが明らかになるという。しかし二人は登場しないとのことだ。

 ダニエルとグレイスはCBS局とギャラ交渉を行っていたが、折り合いがつかずに番組を去ることを決めたという。二人のギャラはマクギャレット役のアレックスとマクギャレットの相棒的存在ダニー・“ダノ”・ウィリアムズを演じる俳優スコット・カーンのギャラよりも10〜15%ほど低く、二人は同等の額を求めていたとのことだ。

関連記事(外部サイト)