トム・クルーズ、嘘みたいに“ぶっ飛んでる”実在の男に! 『バリー・シール』公開決定

トム・クルーズ、嘘みたいに“ぶっ飛んでる”実在の男に! 『バリー・シール』公開決定

トム・クルーズ、『バリー・シール/アメリカをはめた男』でぶっ飛んだ男に!(C)Universal Pictures

 人気俳優のトム・クルーズが主演を務める『BARRY SEAL(原題)』の邦題が『バリー・シール/アメリカをはめた男』に決まり、今年10月に日本公開することが決定した。トムは本作で、航空会社の敏腕パイロットからCIAエージェントとなり、さらには天才的な麻薬の運び屋となった実在の人物を演じ、キャリア史上最高に“ぶっ飛んでいる男”に挑む。

 『バリー・シール/アメリカをはめた男』の主人公は、天才的な操縦技術を駆使する民間航空会社のパイロットだったバリー・シール。ある日、彼の前にCIAのエージェントがスカウトへ現れ、極秘作戦で偵察機のパイロットを任されるも、その過程で麻薬王であるパブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としても天才的な才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリー。しかしそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた…。

 公開決定に併せて、トムが登場するシーンのビジュアルも解禁。サングラスをかけたパイロット姿からは代表作である『トップガン』を連想されるが、フライトシーンをスタントなしで挑んだというトム・クルーズの挑戦に、本作のダグ・リーマン監督も「開いた口がふさがらないほど、大胆不敵」とコメントを残している。

 また、これまでに演じてこなかったような奇抜な役柄に、トムの印象を語るダグ・リーマン監督は「髪が完璧でないトムなんてお目にかかったことがないだろう? インターネットで髪が乱れたトムを探してみるといい! 今回はその正反対のキャラクターだ。彼はそういう部分をまったく躊躇することなく、受け入れたんだよ」と語っている。

 映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』は、2017年10月全国ロードショー。

関連記事(外部サイト)