山田裕貴、客席の共演者を呼ぶも「なんでペアルック」

山田裕貴、客席の共演者を呼ぶも「なんでペアルック」

MBS/TBSドラマイズム『SEDAI WARS』トークショーに登場した(左から)出合正幸、山田裕貴 クランクイン!

俳優の山田裕貴が19日、都内で行われたドラマ『SEDAI WARS』(MBS、TBS)制作発表会に出席。山田が、客席にいた俳優・出合正幸を突如壇上に呼び込み、偶然ペアルックとなるハプニングがあった。

 『SEDAI WARS』は、近未来の日本を舞台に、各世代によるVR空間でのバトルロイヤルを描くオリジナルドラマ。世代間のあつれきによってさまざまな問題が深刻化し、社会が崩壊の一途をたどっていたなか開催が発表される。山田は、日本を治める大統領を決めるバトルロイヤル「SEDAI WARS」に、各世代の代表“SEDAI(セダイ)”の1人として参加することとなった主人公・柏木悟を演じる。

 同作のメガホンをとった坂本浩一監督作品に山田が出演するのは4度目。山田は同作での自身の役柄について「僕がかっこいいシーンとか一切出てこない。かわいいシーンがあるらしいです」とコメントして笑いを誘い、坂本監督については「ゴーカイジャーから、俺たち賞金稼ぎ団から破裏拳ポリマーと、デビュー作からお世話になっている監督です。楽しみだし、成長できたところも見せられたら良いなと現場に臨んでました」とコメント。

 内容に関しては「この地球に住んでる人間のみなさま、いろんな世代があると思うんですけど、世代別で、『懐かしい』とか『そのギャグ知らねえな』とかあったり、家族でも楽しめる作品だなと思いますね」とコメント。その後、同作で共演する俳優の出合正幸が会場に来ていることを暴露し、壇上へと呼び込んだ。

 出合は劇中の役柄そのままに、叫び声を上げながら壇上に登場。勢いよく飛び出してきたものの、「みんな山田裕貴くんを観にきてるから」と困惑の表情をみせた。

 そんな出合に対して山田は「手震えてるじゃないですか」と腹を抱えて大笑い。出合は「色も被っちゃってごめんなさい」と、山田の衣装と自身の私服が奇しくもペアルック状態になったことを謝罪した。

 山田は「ちょっとー。なんでまさかのペアルックなんですかー」と笑いつつ、「一応プロデューサーさんには声かけていいですよって言われました」と出合を呼び込んだことに関して事前にアポイントをとっていたと明かしていた。

 MBS/TBSドラマイズム『SEDAI WARS』は、MBSにて2020年1月5日より毎週日曜24時50分、TBSにて1月7日より毎週火曜25時28分放送。

関連記事(外部サイト)