白濱亜嵐VS片寄涼太『貴族降臨 ‐PRINCE OF LEGEND‐』ビジュアル解禁

白濱亜嵐VS片寄涼太『貴族降臨 ‐PRINCE OF LEGEND‐』ビジュアル解禁

映画『貴族降臨 ‐PRINCE OF LEGEND‐』ビジュアル(C)2020「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

『HiGH & LOW』シリーズをプロデュースしたHI‐AXチームが手掛けるプリンスバトルプロジェクトの劇場版第2弾『貴族降臨 ‐PRINCE OF LEGEND‐』より、白濱亜嵐と片寄涼太が大きく写し出されたビジュアルが解禁された。

 本作は、2018年に連続ドラマ化と映画化された、“プリンスバトルプロジェクト”『PRINCE OF LEGEND』の映画化第2弾。主人公で、伝説の貴族ドリーをGENERATIONS from EXILE TRIBE、そしてEXILEのパフォーマーを務めるかたわら、俳優としても映画『ひるなかの流星』などに出演する白濱が演じ、前作で伝説の王子の称号を手に入れた朱雀奏を、映画『きみと、波にのれたら』の声の出演や『午前0時、キスしに来てよ』など、アーティストのみならず俳優としての活躍もめざましい片寄が演じる。

 そのほか、中島健、廣瀬智紀、荒牧慶彦、佐野玲於、関口メンディー、鈴木伸之、町田啓太、川村壱馬、吉野北人、藤原樹、長谷川慎、清原翔らが出演。さらに、DAIGO、山本耕史といった実力派キャストも名を連ねる。メガホンを取るのは映画『かぐや様は告らせたいー天才たちの恋愛頭脳戦―』やNetflixオリジナルドラマ『全裸監督』の河合勇人。

 夜の世界の中心・ナイトリングのNo.1ホストクラブ「クラブ・テキサス」の代表となった安藤シンタロウ(白濱)は、自らの名を「ドリー」と改め、“貴族”としてこの世に生きる弱者を守り、全ての人が笑って暮らせる高貴な世界を作ることを決意する。そんな彼は、あるきっかけで聖ブリリアント学園の存在を知ることとなる。今や伝説の王子の“聖地”として、聖ブリリアント学園には転入者が殺到、「三代目伝説の王子」となった朱雀奏(片寄)は世界中を廻り、王子道を邁進していた。貴族と王子、果たしてどちらが正義なのか―。ともに頂点を極める両者が出会った時、戦いの幕はすでに切って落とされていた…。

 解禁されたビジュアルは、“貴族”白濱と“王子”片寄がそれぞれの特徴を表した衣装に身を包んで向かい合い、そこに「貴族VS王子」と「美しき男たちの史上空前のバトルが、いま始まる。」というコピーが添えられたもの。その下には共演するキャスト陣が並び、力強く、ゴージャスなビジュアルとなった。

 なお、2020年1月10日より、本作の劇場前売券が発売。劇場限定の特典として、全国合計2万人限定でA4サイズ特製クリアファイルが付く。

 映画『貴族降臨 ‐PRINCE OF LEGEND‐』は2020年3月13日より全国公開。

関連記事(外部サイト)