佐野勇斗&飯豊まりえ、ファンタジー・ラブロマンス『僕だけが17歳の世界で』にW主演

佐野勇斗&飯豊まりえ、ファンタジー・ラブロマンス『僕だけが17歳の世界で』にW主演

『僕だけが17歳の世界で』でW主演を務める(左から)佐野勇斗、飯豊まりえ(C)AbemaTV

俳優の佐野勇斗と女優の飯豊まりえが、2020年2月にスタートするAbemaTVオリジナル連続ドラマ『僕だけが17歳の世界で』(AbemaTV/毎週木曜23時)でダブル主演を務めることが発表された。

 本作は、『恋仲』や『好きな人がいること』(いずれもフジテレビ)など数々の恋愛ドラマのヒット作品を世に送り出したプロデューサー・藤野良太が手掛けるファンタジー・ラブロマンス。初恋模様を切なく描きながら、自分の気持ちを伝える大切さや一歩踏み出す勇気に気付かせてくれる作品だ。

 繊細でピュアな航太(佐野)と曲がったことが嫌いな芽衣(飯豊)は、家が隣でずっと一緒に過ごしてきた幼なじみの高校三年生。そんな2人はお互いを意識し始め、“好き”という想いをいつだって伝えられると思っていたが、卒業を待たずして航太は突然この世を去ってしまう。

 それから7年後の2020年。真冬に季節はずれの桜が咲いたことを知った芽衣は、7年ぶりに故郷に戻り、美しく咲き誇る満開の桜の木の下を訪れる。そこに現れたのは、死んだはずの“あの日”の航太だった。心も体も17歳のままの航太と、24歳に成長した芽衣。奇跡の桜が咲いている期間だけしかこの世にいられないことを知った航太は、残されたわずかな時間で誰に何を伝えるのか…という内容からストーリーは展開していく。

 航太役の佐野は「ピュアで誠実な航太をしっかりと演じて、皆さんに愛されるキャラクターになれればと思っています」と抱負をコメント。見どころについて聞かれると「なんと言っても、見所は航太が想いを寄せている幼なじみ、芽衣に想いを伝えられるのか。そして、7年の時を経て再会した2人は結ばれるのか。というところと、航太が亡くなった原因は何なのか。というところです。その2つを軸に楽しんでいただけたらなと思います」と語っている。

 芽衣役の飯豊は「今まで経験がありそうで演じたことのないキャラクターです。台本を読んでも苦しかったですが航太がいなくなって時が止まってしまった時、そして再会できた時どんな感情が実際湧き出てくるか、大切にしたいと思います! 17歳と24歳の差をしっかりと演じ分けていきたいです!」と意気込み、「この作品は過去の自分、現在の自分を受け入れさせてくれる肯定してくれるような気がします。この作品で誰かの気持ちが晴れやかになりますように。そして大切な誰かを思い浮かべて頂けますように!」とメッセージを寄せている。

 今回の発表と併せて公開された予告映像は、航太と芽衣が並んで立ち、航太は高校生のまま、芽衣だけが年齢を重ねていく姿を早送りで映し出したもの。それぞれがお互いへの想いを語るコメントを添えた、2バージョンの予告となっている。

 佐野勇斗と飯豊まりえが主演するドラマ『僕だけが17歳の世界で』は、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルにて2020年2月20日より毎週木曜23時放送(全8話)。

関連記事(外部サイト)