アニメ『宇宙家族ジェットソン』、実写TVドラマ企画が浮上

アニメ『宇宙家族ジェットソン』、実写TVドラマ企画が浮上

『宇宙家族ジェットソン』が実写ドラマ化か(※『宇宙家族ジェットソン』場面写真)(C)AFLO

 全米では1962年から1963年の1シーズン、そして1985年から1987年の2シーズンに渡って放送され、1990年には劇場版アニメが公開された人気テレビアニメ『宇宙家族ジェットソン』。米ワーナー・ブラザースがシットコムとして実写TVドラマ化を企画しているという。

 30世紀の宇宙を舞台に、父親のジョージ、母親のジェーン、そしてジュディとエルロイの4人家族であるジェットソン家の日常を中心に描く『宇宙家族ジェットソン』。
 
 TV Lineによると、TVアニメ『ファミリー・ガイ』の製作を務めるゲイリー・ジャネッティがショーランナーを務め、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの監督ロバート・ゼメキスや映画『フライト』(12)などのジャック・ラプケと共に製作総指揮を務めるという。

 米ワーナーズ・ブラザースは本件についてコメントを控えたとのことだが、同スタジオは現在、アニメ映画『ソーセージ・パーティー』(16)の監督コンラッド・ヴァーノンの舵のもと、『宇宙家族ジェットソン』の劇場アニメ版の制作を進めていると伝えられている。

 1962年に放送されたオリジナル版のアニメでは当時から100年先の西暦2062年が舞台となっており、新たに作られる実写版の舞台は現在から100年先の2118年頃に設定されるとのことだ。

関連記事(外部サイト)