ドニー・イェン、最後の闘いに挑む『イップ・マン 完結』公開日決定

ドニー・イェン、最後の闘いに挑む『イップ・マン 完結』公開日決定

映画『イップ・マン 完結』仮メインビジュアル(C)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

俳優のドニー・イェンが主演する“イップ・マン”シリーズ最新作『イップ・マン4 完結篇(原題)』が、邦題を『イップ・マン 完結』として2020年5月8日に公開されることが決定し、日本版ティザービジュアルが公開された。詠春拳の達人イップ・マン最後の戦いが繰り広げられる。

 本作は、香港のアクション俳優ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズの最新作。戦時下の日本軍との闘いを描いた『イップ・マン 序章』、英国統治下のイギリス人との闘いを描いた『イップ・マン 葉問』、詠春拳同士の戦いを描いた『イップ・マン 継承』に続き、シリーズ4作目で完結編となる。

 ドニーのほか、映画『ドクター・ストレンジ』のスコッド・アドキンスや、『SPL 狼たちの処刑台』のウー・ユエ、クリス・コリンズらが共演。監督は引き続きウィルソン・イップが務め、アクション監督には香港アクション界の巨匠で、『イップ・マン外伝 マスターZ』(2018年)では監督も務めたユエン・ウーピンが務める。さらに音楽には川井憲次と、おなじみのスタッフがそろった。

 1964年、最愛の妻との死別後、愛弟子ブルース・リーの招待を受け、息子とともにサンフランシスコに渡ったイップ・マン(ドニー)。しかし、ブルースが開いた詠春拳の道場が、現地チャイナタウンと米海軍との抗争に巻き込まれ…。遥かアメリカの地で、最強子弟タッグが誕生する。

 解禁された日本版ティザービジュアルは2種。ひとつは拳を握り、手を後ろで構えたイップ・マンの後ろ姿に、『イップ・マン 完結』の邦題と原題の『葉問4』が配されたもの。もうひとつは、鋭いまなざしのドニー演じるイップ・マンの姿が「4」の文字に形取られており、「10年に渡る“イップ・マン”シリーズ最新作にして完結」というコピーが大きく打ち出され、最後の闘いに挑むイップ・マンの姿に胸が高まるビジュアルとなった。

 映画『イップ・マン 完結』は2020年5月8日より全国順次公開。

関連記事(外部サイト)