『スカーレット』ちや子・水野美紀が再登場、励ましの言葉にネット「波乱が起きそう」

『スカーレット』ちや子・水野美紀が再登場、励ましの言葉にネット「波乱が起きそう」

(左から)戸田恵梨香、水野美紀 クランクイン!

戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第12週「幸せへの大きな一歩」(第72回)が21日に放送され、水野美紀演じるちや子が喜美子(戸田)の元を訪れ、“女性陶芸家を目指しては?”と提案するシーンに、ネット上には「喜美子の転機になりそう」「波乱が起きそう…」などの声が寄せられた。

 喜美子(戸田)と八郎は晴れて結婚。2人は丸熊陶業から独立し自宅の離れに陶芸の工房を建てた。喜美子は大量の注文品を請け負い、陶芸家として作品づくりを続ける八郎を支えていた。また二人の間には武志(又野暁仁)という名の男の子も生まれていた。

 ある日、喜美子の元に琵琶湖大橋の取材を続けていたちや子がやってくる。水野演じるちや子の再登場に、ネット上には「ちや子さんだー!」「ちょくちょく遊びに来てるんだねー」などの反響が寄せられた。

 ちや子は喜美子に、注文品ではない自身の作品をつくらないのかと尋ねると、喜美子は「ウチはそんな暇ないんで…」と答える。これにちや子は「女性陶芸家として世に出てったらええやん!」と言葉をかける。しかし喜美子自身は今の仕事の満足している様子。

 八郎が「作品つくったらどうやいうのは、僕も言うたことあるんですけど」とつぶやくと、ちや子は「もしかしたら八郎さんよりすごいもん作るかもわからん」と一言。このちや子の言葉に対して、ネット上には「喜美子の背中を押してくれるのはやはりちや子さん」「ちや子さんそれは八郎のプライド傷つけるで」「ちや子さんの言葉は、喜美子の転機になりそう」などの投稿が相次いだ。

 ちや子の言葉を聞いた喜美子は笑いながら「もうやめてください!」と応じる。するとちや子は喜美子に対して「男にも負けへん才能があってほしいっていう、同性としての希望やな」と続ける。喜美子とちや子の一連のやりとりに対して、ネット上には「ちや子さんがデカい爆弾落していったな…」「また潮目が変わるな…」「これから波乱が起きそう…」といった声も寄せられていた。

関連記事(外部サイト)