『あのコの、トリコ。』が実写映画化 吉沢亮×新木優子×杉野遥亮が三角関係に

『あのコの、トリコ。』が実写映画化 吉沢亮×新木優子×杉野遥亮が三角関係に

映画『あのコの、トリコ。』に出演する吉沢亮(中央)、新木優子(左)、杉野遥亮(右)(c)2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会

 女性向けコミック誌「Sho-comi」(小学館)で連載中、累計発行部数50万部(既刊4巻)を突破したコミック『あのコの、トリコ。』の実写映画化が決定。吉沢亮、新木優子、杉野遥亮の出演が発表され、キャスト陣からのコメントも到着した。

 本作は、白石ユキによる同名コミックを原作にした青春恋愛ストーリー。小さなころに「将来スーパースターになる!」と幼なじみと誓いあった主人公・鈴木頼(吉沢)は、高校生となり地味で平凡な“メガネ男子”となっていた。そんなある日、約束を誓いあった幼なじみである立花雫(新木)と東篠昴(杉野)がそれぞれ、人気モデルと人気俳優になっていることを知った頼は、雫のいる高校への転入を決意する。

 主演の吉沢は、これまでにも『カノジョは嘘を愛しすぎてる』『アオハライド』『オオカミ少女と黒王子』と青春ラブストーリーに出演してきた。原作を読み「男目線で話が進んでいくということが、すごく珍しいと思いました」と感想を話すが、撮影にあたり「僕の恋している表情とか、受けの芝居でキュンキュンさせなければいけない部分が多く、結構プレッシャーです」と率直な思いを告白。しかし、「僕が演じる頼の成長していく様をきちんと意識して、最後まで頑張りたいと思っています」と意欲を示す。

 ヒロインを演じる新木は「メインの3人が芸能界で活躍しているというのも、すごく今っぽいと思います」と印象を伝え、「いろんな方が期待して下さっている雫も演じつつ、自分の思っている雫もしっかりと出して、悔いなく撮影を乗り切りたいです」と意気込む。

 人気俳優役の杉野は「東條昴という男は、すごくカリスマ性があってキラキラしていてつかみどころがない」と役どころを解説。「芸能界という夢のようなキラキラした世界を描いているのは興味深いですが、その映像化は難しいだろうと感じています。東條昴という男は、すごくカリスマ性があってキラキラしていて掴みどころがない。僕も一生懸命考えて役を作っていきたいと思っています」と役への意気込みを見せている。

 映画『あのコの、トリコ。』は2018年全国公開。

関連記事(外部サイト)