『ブレードランナー 2049』、新旧ブレードランナーが対峙する新場面写真解禁

『ブレードランナー 2049』、新旧ブレードランナーが対峙する新場面写真解禁

映画『ブレードランナー 2049』新旧ブレードランナー共演の初場面写真

 SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編となる『ブレードランナー 2049』(10月27日公開)にて、1982 年にリドリー・スコット監督による『ブレードランナー』の日本公開日である本日10日に、新旧ブレードランナーの待望の共演シーンの初場面写真が解禁となった。

 本作はオリジナル作品の舞台2019年から30年後の2049年の世界が舞台。前作では、まるで人間とは見分けのつかない“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”リック・デッカードをハリソン・フォードが演じ、今回新たにライアン・ゴズリングが現役捜査官としてブレードランナー“K”を演じる。続編では、今なお埋まらない“人間”と“レプリカント”の間の深い溝があり、さらに世界に新たな危機が迫るなか、“K”が30年間行方不明であった<何かを知る>デッカードを探す所からスタートする。

 解禁された写真は、未来の飲食店のような場所で2人のブレードランナーが向き合い、デッカードは“K”に対し今にも殴りかかるかのような凄みを魅せる緊迫した場面を映し出している。ハリソン自身も「この世界に戻ってこられて嬉しい。30年後(のデッカード)を演じるのは凄く面白かったし、昔の服がピッタリだったのも嬉しかったよ。時を経て、キャラクターを作り上げていく事はとてもやりがいがある」とコメントを寄せ、ロングコートでおなじみの“ブレードランナー”衣裳を劇中で披露する可能性を示唆した。

 そして謎の多い本作について「デッカードと他のキャラクターの関係性がとても魅力的だ。『2049』では進化したテクノロジーとその社会的影響についても語られている。ストーリー・舞台・キャラクターが興味深く融合しているよ」と35年ぶりの作品に並々ならぬ自信を見せている。

 また、新ブレードランナーを演じるゴズリングは「ハリソンがセットに居なくても、常にそこに居るかのような存在感を感じたよ」とハリソンの圧倒的な存在感とブレードランナーを演じるプレッシャーを語る。そんなライアンに対し、ハリソンは「生まれながらの感情的知性を持っていて、彼と仕事ができるのは喜びだった」とライアンを称賛、その才能を認めている。
 
 『ブレードランナー 2049』は、10月27日より全国ロードショー。

関連記事(外部サイト)