窪田正孝、『東京喰種』主演に「重みを感じている」としみじみ

窪田正孝、『東京喰種』主演に「重みを感じている」としみじみ

窪田正孝、『東京喰種』主演に「重みを感じている」としみじみ クランクイン!

 映画『東京喰種 トーキョーグール』ジャパンプレミアが10日、都内で開催され、主演の窪田正孝をはじめ、鈴木伸之、桜田ひより、蒼井優、大泉洋、小笠原海、白石隼也、蜿r太郎、前野朋哉、そして萩原健太郎監督が登壇した。窪田は、原作者の石田スイから自身をモチーフにした描き下ろしのイラストをサプライズでプレゼントされると「お忙しいなか、こんな素敵な絵を描いていただいて感謝の言葉しかないです」と恐縮しきりだった。

 本作は、石田スイの人気コミックを実写映画化。人間世界に紛れ、人を喰らう「喰種(グール)」たちがはびこる東京を舞台に、ある事故によって半喰種になってしまった大学生カネキが、人間世界と喰種の間で苦悩しながらも、ある決断をしながら強く生きる姿を描く。

 この日は、「喰種マイスター」と呼ばれる熱狂的なファンが待ち構えるなか、レッドカーペットイベントに登場した窪田らキャストたち。「いよいよ東京で公開することができます」と窪田が笑顔をみせると会場は大歓声に包まれた。

 イベント後に行われた舞台挨拶では、各人がそれぞれの役柄について熱く語ったが、CCGのベテラン喰種捜査官・真戸呉緒(まどくれお)を演じた大泉は「私はこれまで、お調子ものや、いい加減な役、働かない役などをやってきましたが、やっと“捜査官”なんて役に声をかけていただき、すぐに“やります”って返事したんです」と語り出したが「でも原作を読んだら、マドクレの見てくれはひどいじゃないですか。相当ですよ、あの顔は」とぼやき節。

 さらに「マドクレを私がやるって発表されたとき、ネットでは『大泉じゃないだろう』なんて声も聞かれましたが、当たり前ですよ!あの見てくれですよ……違うに決まっているじゃないですか」と不満そうに語っていたが、一方で「ピッタリ」との声には「違うだろう!ってずっと叫んでいましたが、まあ役柄にハマっていると思われるのはうれしいです」と最後は満足そうな表情を浮かべていた。

 また、窪田演じるカネキが憧れを抱いてる女性リゼを演じた蒼井は、実はカネキを食べてしまおうとたくらんでいる喰種なのだが、「カネキが真っ白なら私は漆黒。突っつけば引っかかってくるよな存在だったので、正直楽しかったです。釣りをしているような感じ」と窪田との撮影を楽しんでいるようだった。

 本作は7月2日にロサンゼルス、7月6日にベルリンでそれぞれプレミアを行っているが、萩原監督は「改めて現地の熱狂ぶりをみて、世界中に愛されている原作なんだなと実感しました。ようやく日本でお披露目できます」と感無量な表情を浮かべると、窪田も「ロサンゼルスに行かせてもらったり、こうしてプロモーションを行っていると、作品の重みを実感しています。偉そうにこうして真ん中に立たせてもらったりして、とても大きな経験をさせてもらっています」と作品と出会えてことに感謝していた。

 映画『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日より全国公開。

関連記事(外部サイト)