宮沢りえ、『きのう何食べた?』出演決定 西島秀俊の憧れの女優に

宮沢りえ、『きのう何食べた?』出演決定 西島秀俊の憧れの女優に

ドラマ『きのう何食べた?正月スペシャル2020』宮沢りえの場面写真(C)「きのう何食べた?正月スペシャル 2020」製作委員会

俳優の西島秀俊と内野聖陽がダブル主演を務めるドラマ『きのう何食べた?正月スペシャル2020』(テレビ東京系/2020年1月1日22時)に女優の宮沢りえが出演することが決定した。宮沢は、西島ふんする史朗の青春時代からの憧れの女優役を演じる。

 2019年4月期に放送された『きのう何食べた?』は、シロさん(西島)とケンジ(内野)の男2人暮らしのほろ苦くもあたたかい毎日と日々の食卓を描いた物語。今回の正月スペシャルは「誰のために時間とお金を使いたいか」をテーマに3章立てで放送される。

 そんな本作のゲストとして登場するのが女優の宮沢。宮沢のドラマ出演はおよそ3年ぶり、テレビ東京のドラマに出演するのは実に16年ぶりとなる。宮沢が演じるのは、シロさん(西島)の青春時代からの憧れの女優・三谷まみ。まみ役は、本作のストーリーが明らかになるや、「いったい誰が演じるの!?」とSNS上でも大注目だった役どころだ。宮沢演じるまみは、第1章で、シロさん(西島)、ケンジ(内野)、小日向(山本耕史)、航(磯村勇斗)の4人が食事をしているところへ颯爽と登場する。宮沢の演技と併せ、長年の憧れの存在を前に興奮を抑えきれないシロさんを見てケンジがどのような態度をとるかにも注目だ。

 宮沢は「料理がすごく好きなので、原作を読んでぜひやりたいなと思いました。やはり魅力的な役柄のお2人とお芝居してみたいですし、オファーをいただいて嬉しかったです」と語り、「お正月にふさわしい、心がとっても温まるドラマです。もう一度1話から見られるチャンスもあるみたいですので、ぜひそれをご覧になって振り返っていただいて、温まったところでスペシャルを見て頂けるとより楽しめると思います」とコメントした。

 『きのう何食べた?正月スペシャル2020』はテレビ東京系にて2020年1月1日22時放送。

関連記事(外部サイト)