【映画ランキング】『パイレーツ』がV2! 『メアリと魔女の花』は2位スタート

【映画ランキング】『パイレーツ』がV2! 『メアリと魔女の花』は2位スタート

7月8日〜9日全国映画動員ランキング1位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(c)2017 Disney. All Rights Reserved.

 7月8〜9日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が週末土日動員49万人、興収7億4000万円をあげ、公開から2週連続1位を獲得した。早くも累計興収26億円を突破し、夏休みに向けさらに数字を伸ばしそうだ。

 米林宏昌監督がジブリを退社後、初めてメガホンを取り、同じくジブリ出身の西村義明プロデューサーが設立したスタジオポノックの長編アニメーション第1作目『メアリと魔女の花』は、初週土日動員32万4000人、興収4億2800万円をあげ、初登場2位。米林監督の前作『思い出のマーニー』(最終興収35億円)の初週土日動員が28万5000人、興収3億7000万円だったことを考えても、30〜40億の数字は十分見込めるスタートを切ったといえるだろう。

 先週の2位からワンランクダウンとなった『忍びの国』だが、公開2週で早くも興収10億円を突破するなど好調に推移している。また5位にランクインしている『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』も公開5週目で20億円を突破した。

 初登場組では、6位にキアヌ・リーヴス主演のアクション映画『ジョン・ウィック:チャプター2』が、10位に真田広之が出演していることでも話題になった『ライフ』がそれぞれランクインしている。

 8位の『昼顔』も累計興収20億を突破し好調。9位の『美女と野獣』は累計興収122億円を突破し、歴代興収ランキングで17位の『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』まであと5億円まで迫った。

 7月8日〜9日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
第2位:メアリと魔女の花
第3位:忍びの国
第4位:兄に愛されすぎて困ってます
第5位:22年目の告白‐私が殺人犯です‐
第6位:ジョン・ウィック:チャプター2
第7位:それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!
第8位:昼顔
第9位:美女と野獣
第10位:ライフ

関連記事(外部サイト)