高橋優、平祐奈の叔父役で映画初出演!“どんなことでもチャレンジ”の1つ

高橋優、平祐奈の叔父役で映画初出演!“どんなことでもチャレンジ”の1つ

高橋優、映画初出演! 『honey』で平祐奈の叔父役に クランクイン!

 歌手の高橋優が、映画『honey』で平祐奈が演じるヒロインの叔父にふんし、映画デビューを飾ることが分かった。以前、インタビューした際に“俳優”という表現方法について「最終的に歌に持って帰れる経験なら、僕はどんなことでもチャレンジしたい」と語っていた高橋。今回、満を持して、映画初出演となった。

 本作は、目黒あむが「別冊マーガレット」(集英社)で連載した同名コミックの実写版。一見すると不良なものの、心はピュアな赤髪の高校生・鬼瀬大雅(平野紫耀)が、ビビりでヘタレの女子高生・小暮奈緒(平)と織りなす恋模様を描く。キャストには、横浜流星、水谷果穂、浅川梨奈(SUPER☆GiRL)、佐野岳、臼田あさ美、中山忍も名を連ねている。

 高橋が演じるのは、平が演じる奈緒の叔父にあたる小暮宗介。宗介は、小さい頃に両親を亡くした奈緒とずっと一緒にいるために、仕事を辞め、奈緒の両親の喫茶店を継ぎ、毎日奈緒に「おかえり」を言い続ける奈緒のたった1人の家族。平野が演じる鬼瀬と出会うまで、奈緒は小さい頃からずっとそばにいてくれた宗介に憧れを抱き続けていた。

 高橋は「撮影現場は自分が思い描いていたよりも、はるかに楽しかったです。出演者の皆さんも、スタッフの皆さんもコミュニケーションがとれているし、笑顔の絶えない現場で、僕がいつも音楽の現場でそういう雰囲気作りを心がけてきたので、すごく溶け込みやすかったし、『自分もここにいていいんだな』という気持ちになれました」と撮影を述懐。また、「演じている分には楽しかったんですけど、撮影中、自分のシーンをあんまりチェックしていないので、自分がどういう芝居をしたか、どう映っているか、わからないので気がかりです(笑)なにぶん結果(完成)を見てないのですが、見るのも楽しみにしています!」と公開に期待を込めている。

 映画『honey』は2018年春公開。

関連記事(外部サイト)