奥田民生が『カーズ』イベントで生熱唱!オリラジ藤森「たまんない」とファン心理炸裂

奥田民生が『カーズ』イベントで生熱唱!オリラジ藤森「たまんない」とファン心理炸裂

『カーズ/クロスロード』公開記念イベントに出席した奥田民生(左)と藤森慎吾(右) クランクイン!

 ディズニー/ピクサー最新作『カーズ/クロスロード』の公開記念イベント“マックィーン応援フェス”が13日に都内で行われ、日本語吹き替え版声優を務める松岡茉優、藤森慎吾、山口智充と、日本版エンドソングを担当する奥田民生が出席。奥田が本作のために書き下ろした「エンジン」をフルコーラスで初披露した。

 本作は、“クルマの世界”を舞台に個性豊かなキャラクターたちのドラマを描くシリーズの最新作。天才レーサーのマックィーンが、自信を喪失しながらも仲間たちに支えながら再生していく姿を描く。

 奥田は豪華バンドを率いて登場し、ギターを抱えて「エンジン」を披露。熱い歌声で会場を魅了した。歌い終わると大きな拍手が沸き起こり、奥田は「こんばんは。ありがとうございます」と照れくさそうな表情。「終わってよかったです」と率直な気持ちを吐露して、会場の笑いを誘っていた。

 奥田が「迷惑がかからないように、まったく見当違いな曲を作らないぞという心意気で臨んだ」と曲作りへの思いを明かすと、山口は「感動しました!最高です!この曲をかけながら突っ走りたい」と生演奏に感激しきり。藤森も「最高。かっこよすぎますね」とシビれまくりで、「奥田さんが曲を歌うと聞いてから、この映画に参加できることがうれしくて。中学生の時に(奥田の楽曲)『愛のために』をカラオケでずっと歌っていた。すっごいうれしい。たまんない!」とファン心理を爆発させていた。

 またこの日は、イベントを盛り上げるべく、立教大学チアダンスチームLUMINAS、我武者羅應援団も応援パフォーマンスを実施。藤森は、ポンポンを持ってチアダンスチームの女性陣と一緒にノリノリでダンスを踊った。奥田は「PERFECT HUMANよりいいじゃないですか。周りが全員、女子の方が」と藤森の新たなダンススタイルを絶賛。憧れの奥田から褒められ、藤森は「チャラ男ですからね」とご満悦の表情を見せていた。

 『カーズ/クロスロード』は、7月15日(土)より全国公開。

関連記事(外部サイト)