増田貴久、WOWOW連ドラ初出演 『パレートの誤算』で橋本愛と初共演

増田貴久、WOWOW連ドラ初出演 『パレートの誤算』で橋本愛と初共演

『連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺人事件』に出演する増田貴久

女優の橋本愛が主演を務める、『連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺人事件』(WOWOW/2020年3月より放送)に、NEWSの増田貴久が出演することが決定した。増田はWOWOWの連続ドラマ初出演で、主演の橋本とは初共演になる。

 作家・柚月裕子の小説『パレートの誤算』(祥伝社文庫)をドラマ化する本作は、生活保護をテーマに、現代日本をむしばむ病巣を描き出す作品。橋本演じる主人公・牧野聡美は、市役所の新人嘱託職員として、本来の希望ではない福祉課で働いていたが、信頼していたベテランケースワーカー・山川が、あるアパートで焼死体で見つかったことから、福祉や市政、医療を取り巻く町の闇に巻き込まれていく。

 不本意ながら嘱託という形で市役所の福祉課に勤める牧野聡美(橋本)は、ある日突然、生活保護利用者と直接向き合うケースワーカーの仕事を命じられる。不安を抱く聡美をベテランの山川は「やりがいのある仕事だ」と励ましてくれた。ところが後日、その山川が、あるアパートの火災のあと他殺体で発見される。あれほど利用者から慕われていた山川がなぜ? 周囲で、山川が何らかの不正に関わっていたのではないかという疑念が膨らんでいく中、聡美は、町を覆う不正の影と生活保護をめぐるさまざまな人々の人生模様に巻き込まれていき…。

 増田が演じるのは、主人公・聡美の同僚・?野寺淳?役。??の?標を定められないままぼんやりと?々を過ごしていたところ事件に深く関わることになるという役どころで、将来が不透明な今の?本の若者たちが抱える漠然とした不安を体現する「ごく普通の?年」だ。

 増田はオファーを受けた時の心境について「お話を頂いた時はすごく嬉しくて、『なんで呼んでくれたんだろう? 誰が呼んでくれたんだろう?』とマネージャーさんに質問攻めしてしまいました(笑)」と振り返る。

 作品については「正直なところ、?活保護の現状を?分もあまり理解できていなかったですし、他?事で関係ないと思っている?の?が多いと感じました」と語り、「ドラマというエンターテインメントで1?でも多くの?にこの現状を知って頂き、考えるきっかけになってくれればいいなと思います」とメッセージを寄せた。

 『連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺人事件』は、WOWOWプライムにて2020年3月より放送(全5話)。

関連記事(外部サイト)