足立梨花&ボイメン・田村侑久、異色の餃子ラブコメディ『キスできる餃子』製作決定

足立梨花&ボイメン・田村侑久、異色の餃子ラブコメディ『キスできる餃子』製作決定

『キスできる餃子』に出演する足立梨花と田村侑久

 餃子の街・栃木県宇都宮市を舞台に、バツイチ子持ちの出戻りシングルマザーが実家の餃子屋の再建や恋に奔走する映画『キスできる餃子』の製作が決定。主演を足立梨花、その相手役を田村侑久(BOYS AND MEN)が務める。脚本・監督は『ドラゴン桜』『そして、誰もいなくなった』の脚本や『アンフェア』の原作などで知られる秦建日子。足立、田村らキャストによるコメントも到着した。

 『キスできる餃子』の主人公は、宇都宮市出身でバツイチ子持ちのシングルマザー・藤田陽子(足立)。実家の餃子屋の再建と子育てに奮闘するなか、突如としてイケメンの新聞配達青年・岩原亮(田村)と出会うことになるが、彼の正体は今をときめくプロゴルファーだった。

 主演の足立は初めて台本を読んだときに「普段気軽に食べている餃子も皮からひとつひとつ作るなんて考えたこともなく、とても大変そう(笑)」という感想を持ったことを告白。「本格的に子供のいる母親役というのは初めてなので、自分にできるかという不安がありました。でも、宇都宮の皆さんの力を借りながら精一杯演じたいと思います!」と意気込みを見せる。

 相手役の田村は「イケメンのプロゴルファー役ということで、初めてゴルフに挑戦することになりました」と明かし、「ふたりの結末はどうなるのか…。ぜひ楽しみにしていただければと思います!」と本作への期待を込めている。

 映画『キスできる餃子』は、2018年に全国公開。

関連記事(外部サイト)