浜辺美波&北村匠海が『キミスイ』から感じた“1日を生きることの大切さ”

浜辺美波&北村匠海が『キミスイ』から感じた“1日を生きることの大切さ”

北村匠海、浜辺美波、『君の膵臓をたべたい』インタビュー フォトギャラリー クランクイン!

 主演の二人が「泣きました」と声をそろえる切ない青春ドラマ『君の膵臓をたべたい』が公開。住野よるの小説をベースに、重い膵臓の病を抱えながら、家族以外にはそのことを隠して闘病を続けている学校で人気の女子高校生・桜良と、彼女の秘密を知った他人を寄せ付けない同級生の“僕”との交流を描く。桜良と“僕”にそれぞれ扮した浜辺美波と北村匠海が、作品を振り返り、重要なアイテムでもある“日記”のエピソードで素顔を覗かせた。

 浜辺は「最初から、世界観に引き込まれる物語の強さを感じて、連れて行かれるような感覚になりました」といい、映画オリジナルの要素である、成長した“僕”を小栗旬が、桜良の親友を北川景子が演じる現在のパートに関しても、「桜良として観られて嬉しかったし、客観的に観てもとてもステキでほっとしました」とニッコリ。

 本作が映画初主演作となった北村は「今まで、自分の出演作を観ているときは、自分の芝居が気になってしまって仕方がなかったのですが、今回は逆にストーリーを落ち着いて観られました。新しい経験でしたし、新しい観方ができました」と話した。

 “僕”は中学生の頃の自分に近かったそうで、感じるがままに演じていったが、「肝だと思った」終盤の、桜良の母を前にしたシーンに関しては「あえて気にしないようにした」と述懐する。「“僕”にとっても突然の出来事があった後でのシーンなので、そこに向かっていく芝居にはしたくなかったんです。自然なシーンになったと思います」。

 一方の浜辺も“僕”に近い性格だそうで、「桜良ちゃんのセリフはすごくステキで演じるのが楽しみでしたが、同時に普段ではなかなか口にしない独特な言い回しもあるので、どう口に出していくか大変だろうなと思いました。初日が終わったあと、月川翔監督が桜良ちゃんの部分を、私が“僕”の部分をやるという本読みをしていただいて、桜良ちゃんの会話のテンポだったり、距離感だったりをつかんでいきました」と裏話を明かした。

 また本作には印象的なロケ場所やシーンが多くあるが、博多でラーメンを食べた撮影が、浜辺は一番印象に残っていると笑顔に。「役柄的に太ることができず食事を控えめにしていたので、あの博多で食べたラーメンは本当においしくて感動しました」。すると隣の北村も「僕もひたすら食べてました。撮影と、そのあとにももう1玉食べました!」と言い切り笑わせた。

 ちなみに本作には桜良の綴る日記「共病文庫」が重要アイテムとして登場する。撮影期間中、二人とも「共病文庫」と同じブックカバーの日記帳を渡されていたというのだが……。浜辺は「夏休みの1行日記以来で、今日は暑かったけれど撮影ができてよかったとかしか書けなくて。絵を描いて工夫しようと桜良ちゃんの描いていたニコちゃんマークを描いたら、そればっかりになったり」と苦笑い。

 北村も「僕はページの真ん中に、縦にフルサイズで書いてました。その形式が、2ヵ月続くという…」と同様に苦笑しつつ、「でも桜良の日記を見ていて、今のようにSNSが普及している世の中でも、もし自分がいなくなったとき、こうやって残る紙と文字ってすごいなと思いました」と振り返り、浜辺も「流されているだけの1日はもったいない、もう1週間過ぎちゃったんだと感じるような生活はよくないと思うようになりました」と作品からの影響を語った。(取材・文・写真:望月ふみ)

 『君の膵臓がたべたい』は7月28日より全国公開。

関連記事(外部サイト)