エマ・ワトソン×トム・ハンクス、SNSサスペンス『ザ・サークル』日本公開決定

エマ・ワトソン×トム・ハンクス、SNSサスペンス『ザ・サークル』日本公開決定

エマ・ワトソン×トム・ハンクス、SNSサスペンス『ザ・サークル』日本公開決定(C)2017 IN Splitter,L.P. All Rights Reserved.

 エマ・ワトソン主演、トム・ハンクス共演の『The Circle(原題)』の邦題が『ザ・サークル』に決定、11月10日より全国公開されることがわかった。併せてショート予告映像が解禁となった。

 本作はデイヴ・エガーズの同名小説を映画化したSNSサスペンス。世界ナンバーワンのシェアを誇る巨大のSNSカンパニー“サークル”に採用された主人公・メイ(エマ)。彼女はある事件をきっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム)の目に留まり、“サークル”の開発した超小型カメラによる新サービス”シーチェンジ”のモデルケースに抜擢される。自らの24時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に1000万人超のフォロワーを得てアイドル的な存在になるのだが…。

 エマが演じるメイは24時間リアルライフを世界にさらすという役どころ。トムは先進的な考えを持ち、全社員から愛される“サークル”のカリスマ的リーダー・ベイリー役を演じる。サークル社の共同創設者タイにはジョン・ボイエガ。メイの友人で共にサークル社で働くアニーにカレン・ギラン。メイの幼馴染のマーサをエラー・コルトレーンが演じている。また、メイの父親役には今年2月に亡くなったビル・パクストンが務めた。

 豪華キャストをまとめあげるのはジェームズ・ポンソルト監督。脚本はポンソルト監督と原作者のエガーズが共同執筆した。『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』を始め、多数のティム・バートン作品や『世界にひとつのプレイブック』でも音楽を手がけているダニー・エルフマンが音楽を担当。そのほかにも『ブラック・スワン』の撮影スタッフ、『グランド・ブタペスト・ホテル』の美術スタッフ、『アベンジャーズ』シリーズの編集スタッフが集結し、豪華キャストを支えた。

 この度解禁された映像では、憧れのSNS企業“サークル”に採用され、期待に満ちあふれたメイ(エマ)の姿が映し出されるところから始まる。メイは“サークル”の先進的な考えに陶酔していくが、その魅力的なサービスはプライバシーがなくなってしまうリスクも背負うという、便利なSNSが脅威となる様を描いている。

 映画『ザ・サークル』は11月10日より全国公開。

関連記事(外部サイト)