『ナイトライダー』新シリーズ企画が浮上! デヴィッド・ハッセルホフがコメント

『ナイトライダー』新シリーズ企画が浮上! デヴィッド・ハッセルホフがコメント

デヴィッド・ハッセルホフがジェームズ・ガン監督と新『ナイトライダー』ドラマシリーズ企画を検討(C)AFLO

 1980年代に世界を席巻した人気海外ドラマ『ナイトライダー』シリーズで主人公のマイケル・ナイトを演じた俳優デヴィッド・ハッセルホフが、同ドラマのリブート企画があることをTMZとのインタビューで明かしたという。

 ジェームズ・ガン監督がメガホンを取った人気マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』にカメオ出演したデヴィッド。出演が実現したのはガン監督が『ナイトライダー』のファンだったからだという。

 デヴィッドは「僕達は『ナイトライダー』をリブートする話をしているんだ」と、ガン監督と可能性を突き詰めていることを明かしている。「以前のリブートを見た人達は気に入らなかったと言っていた。僕は“オリジナル作品に忠実にあるべき”と言い続けてきた。だから僕に年を取ったマイケルをやらせてほしい」とデヴィッド。「走れないし戦えないし、ジャンプもできないが、まだ運転はできるだろ」と、オリジナル版のマイケルのその後を現実的に描くことを提案したとのことだ。

 「本格的なテレビシリーズにする方向で話しているよ。現在、権利関係を調整中だ」とデヴィッド。新『ナイトライダー』の構想をずっと抱いていて、ガン監督がその話に飛びついたとのことだ。ドラマ化の企画を温めていることをメディアに話すことについて、ガン監督からは了承を得ているとのこと。権利関係の問題が解消すれば、『ナイトライダー』新シリーズが日の目を見る日が近い将来訪れるかもしれない。

関連記事(外部サイト)