ダニエル・ラドクリフ、ゾンビを超える死体役に挑戦!「前例がないから自由にやれた」

ダニエル・ラドクリフ、ゾンビを超える死体役に挑戦!「前例がないから自由にやれた」

『スイス・アーミー・マン』ダニエル・ラドクリフ インタビュー(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

 『ハリー・ポッター』シリーズ終了から約6年、まるで“魔法”から解き放たれたようにエキセントリックな役に果敢に挑み続けるダニエル・ラドクリフ。最新作『スイス・アーミー・マン』では、なんとオナラが止まらない?謎の死体役を怪演している。ついにここまで来たか!と思わず唸ってしまうキャラクターのどこに惹かれ、どう演じたのか、ダニエル本人に直接話を聞いた。

 本作は、2016年のサンダンス映画祭で監督賞をはじめ、数々の映画祭で注目を浴びた異色のサバイバル・アドベンチャー。無人島で遭難したハンク(ポール・ダノ)が、海辺に打ち上げられた謎の死体メニー(ダニエル)と共に生還を目指す破天荒な冒険を活写する。メガホンを取るのは、本作が長編映画デビューとなるMVディレクター出身のダニエル・シャイナート&ダニエル・クワン(通称:ダニエルズ)。

 男性同士の濃厚なラブシーンが話題を呼んだ『キル・ユア・ダーリン』や、頭に奇妙な角が生えてしまう青年役に挑んだ『ホーンズ 容疑者と告白の角』など、王道を歩んできた国民的スターなら尻込みしそうな役でも、ダニエルはひるまない。そして今回挑んだのは、オナラガスによるジェット噴射や研ぎ澄まされたカッター歯、雨水を体内に蓄えられる水筒機能など、まるでスイス・アーミー・ナイフ(十徳ナイフ)のような万能性と“心”を持った得体の知れない死体役だ。

 オファーを快諾したというダニエルは、「物語やキャラクターの設定を聞いただけでワクワクしたよ。最初はサミュエル・ベケット(『ゴドーを待ちながら』などの戯曲・小説家)のような世界観を想像していたけれど、完成作品を観たとき、その壮大さに驚いた。自分が思っていた以上にスケール感のあるサバイバル・バディ・ムービーになったと思うよ」と満足そうに語る。

 ただ、役作りに関しては、過去にお手本がないだけに、かなり悪戦苦闘したというダニエル。「最初に“おかしいな”と思ったのは、死体だけれども生きている、でも、ゾンビのようには動けない、という点。前例がなく、実に奇妙なキャラクターなので、どう演じていいか悩んでいたら、友達から“前例がないなら、間違いようがないじゃないか。みんなが観たいと思う娯楽性があれば、絶対に成立する”とズバリ指摘されて、目が覚めた」と述懐。「それからは監督たちと相談しながら、自由にのびのびと演じることができたよ」と笑顔がこぼれる。

 かつてない奇妙な作品だけに、ダニエルは観客の反応も気になるようだが、「サンダンス映画祭で、試写会が終わった直後、トイレに入ったら、個室で用を足している誰かが大きなオナラをしたんだ。もちろん、みんな大爆笑さ! これは最高のリアクションだったね」とご満悦。「日本の皆さんもユニークなリアクションをしてくれると嬉しいな」と期待を煽った。

 『ハリー・ポッター』で国民的スターになったダニエルも、はや28歳。固定したイメージから脱却し、自らの力で新たな道を拓き続けるその原動力は、やはり、自分を育ててくれた『ハリー・ポッター』だと断言する。「自分の人生でやりたいことを明確に見せてくれた作品。生きることに自信がついたり、チームワークの大切さを学んだり、学校では教えてもらえない素晴らしい体験の数々は、かけがえのないもの。エマ・ワトソンやルパート・グリントなど、一生付き合える友人と出会えたことも、間違いなく僕の力になっている」と、改めて感謝の気持ちを言葉に乗せた。(取材・文:坂田正樹)

 映画『スイス・アーミー・マン』は9月22日より全国公開。

関連記事(外部サイト)