『きのう何食べた?』正月SP 西島秀俊と内野聖陽の“キス未遂”に「ドキドキした」「可愛すぎ」の声

『きのう何食べた?』正月SP 西島秀俊と内野聖陽の“キス未遂”に「ドキドキした」「可愛すぎ」の声

『きのう何食べた?』正月スペシャルに出演した西島秀俊(左)と内野聖陽(右) クランクイン!

西島秀俊と内野聖陽がダブル主演を務めるドラマ『きのう何食べた?正月スペシャル2020』(テレビ東京系)が1日に放送され、シロさん(西島秀俊)とケンジ(内野聖陽)のキスが未遂に終わるシーンに、ネットには「ドキドキした」「とんでもねぇ萌え」「可愛すぎ」といった声が相次いだ。

 本作は2019年4月期に放送された『きのう何食べた?』のスペシャル番組。弁護士のシロさんと美容師のケンジによる2人暮らしの、ほろ苦くもあたたかい毎日と日々の食卓を描いていく。

 仕事が多忙を極めるシロさんに代わり、料理などの家事をすることになったケンジ。ケンジはシロさんと夕食を共にできない寂しさから、自分のために食材を贅沢に使ったオムハヤシライスを作る。出来上がったオムハヤシライスを食べようとしたその時、疲れ切った表情のシロさんが帰宅。2人は久々に夕食を共にする。

 ケンジの料理をがっつき満腹になったシロさんはソファに横になり眠ってしまう。シロさんから再び事務所へ戻ると聞かされていたケンジだったが「もう少しだけいっか…」とつぶやきながらそのまま寝かせることに。シロさんの穏やかな寝顔をそばで見つめていたケンジは、彼を起こさずにキスしようと唇を近づける。二人の顔が近づいたその瞬間、シロさんが「うわぁー!!」と大声をあげて目覚め、ケンジの思惑は未遂に終わってしまう。このシーンにネット上には「キスするのかと思ってドキドキした」「めちゃくちゃ息を飲んでしまった…」「なんという!とんでもねぇ萌えが!」などのコメントが集まった。

 目を開けたシロさんは「ケンジ!もう出るわ!」と言い放ち、大急ぎで事務所へ戻る準備を始める。そしてシロさんは「お前も風邪とかひかないようにな!」と声をかけると、ケンジに向かって“ニヤリ”としてみせる。シロさんのいたずらっぽい笑顔の意味を察知したケンジは「シロさん起きてたでしょ!?」とツッコミを入れる。この場面にネット上には「シロさんのしてやったり顔可愛すぎた」「シロさんのニヤッとした顔最高」「起きてたシロさんもケンジも可愛い」といった投稿が多数寄せられた。

 正月スペシャルとして帰ってきた『きのう何食べた?』には「待ってました!」と特番を喜ぶ声や、「シーズン2も絶対に放送してほしい」と続編を望む声も集まっている。

関連記事(外部サイト)